一つの色づきと

a0120949_13172834.jpg

 多摩美の森に迷い込んだ。それも自転車に乗っててのことである。少し前、日テレ生田スタジオの前を通ったように思うが、見事に色づいたイチョウ並木に気を取られていてはっきりしない。

 さっき、多摩美の森を一旦出た。が、そこは麻生区。しばらくさ迷ったが頭に思い描く地形が現れず、「このまま突き進めば本当にわからなくなるなぁ」と、やむなく元来た道へと引返した次第。昔ならどこまでも前へ前へと歩いたろうが、こんなところにも老い故の守りがある。

 朝から晴れわたった空に木々の色づきが冴える。きれいだ。久しぶりに一本の木と対峙し、心いくまでシャッターを切ってみた。













 

# by h-fuku101 | 2017-11-24 13:23 | Comments(0)

冬の雨に

a0120949_9255641.jpg

 冷たい雨が降っている。そのせいか町全体が眠ったように静かで、聞こえてくるのはただただ雨の音のみ。

 ~雨ニモマケズ
   風ニモ負ケズ
   雪ニモ夏ノ暑サニモ負ケヌ丈夫ナカラダヲモチ
   欲ハナク
   決シテイカラズ
   イツモ シズカニ笑ッテイル~(略)

 NHK-BSプレミアム「英雄」で久しぶりに宮沢賢治の時代に浸った。

 賢治の「雨にも負けず」に初めて触れたのはいつだったろう? この詩は、37歳という若さでこの世を去った青年特有の青臭さの発露か、それとも歳には関係なく東北の貧しさを嫌というほど見つめて来た果ての想いか~

 幸いにも外は雨。彼の倍ほどの歳月を経た今、もう一度じっくり味わってみるとするか!?

a0120949_9295294.jpg


a0120949_930381.jpg


a0120949_9301463.jpg

# by h-fuku101 | 2017-11-23 09:31 | Comments(0)

本物は違う出石の豆

a0120949_6422913.jpg

 豊岡市の出石(いずし)を思い出している。

 と言うのは、先週土曜日にBS-TBSで観た「関口宏ニッポン風土記」が兵庫県だったってこともあるが、それ以上に、昨日、食べ終わった金時豆の品質や味が、いわゆる “スーパーもの” とは全然違ったというのが大きい。まさに「本物は違う」を体感した。

 煮る前、豆を洗う。この段階で品物の善し悪しが判別できるようになった。出石で買い求めた金時豆は表皮割れはないし、煮ムラも起こらない。煮上がりまで少し時間がかかるが、味は格段に違う。

 昨日、早速店に電話し、黒豆と金時豆を注文した。黒豆は、そう本場の丹波黒。「3Lサイズ」は直径7~8mmもあり、煮上がりを想像すると胸が躍る。ネット販売などなく、文明の利器と言えば精々、電話とFAXだけ。それだけにより信頼感が増す。

 さあ、新年を迎える準備がはじまった。

a0120949_6435679.jpg


a0120949_6432973.jpg


 

# by h-fuku101 | 2017-11-21 06:52 | Comments(0)

悪しき慣習よ、去れ!

a0120949_1423917.jpg

 今朝は怠け心に抗し切れず、朝7時過ぎまで布団にもぐり込んだままだった。いかん、いかん。

 毎日が日曜日と言うのはいいようで、悪い。年に1~2回の怠け心ならまだ許せるが、これが “クセ” になると何もかもがルーズになる。だから、辛くても朝5時には起きるんだが、今朝はどうにもいけなかった。

 今の “悪い癖” は、夜中のトイレ後のテレビ。すんなりそのまま寝ればいいものを、無条件でスイッチを押し、「何かやってないか?」とチャンネルを回す。これがいかん。

 もう夜中に目覚めず、朝まで眠りつづけることはない。だからこそ悪しき慣習よ、去れ! それでなくても残り少ない命、怠惰な暮らしぶりでひと日のはじまりを無駄にしてはなるまい。

a0120949_1433192.jpg


a0120949_1434829.jpg

 

# by h-fuku101 | 2017-11-20 14:09 | Comments(0)

夢と現実のはざまで

a0120949_10454696.jpg

笛吹川、富士川はここ広瀬湖に溜められた水からはじまる


 「週末は山梨にいます」がキャッチコピーの観光案内がある。

 この言葉に誘われて山梨に行ったことはまだないが、「そうだなぁ、週末ごともいいかなぁ。いっそ引っ越してもいいか」と思うこと度々。ただ、現実の話しとなるとまた別のこと。

 山梨は、天気予報では「甲府」と「河口湖」の2エリア。観光ではこれに「八ヶ岳エリア」が加わる。「さて、おやじはどこが一番好きなんだ?」と問うても答えは出ない。

 今回の思いつき歩きで訪ねたのは甲府エリアの甲州市界隈だが、ここでまず行きたいのが大菩薩嶺。二度目の西沢渓谷、中津川渓谷などがこれにつづく。甲武信ケ岳(こぶしがたけ)や金峰山(きんぷさん)、瑞牆山(みずがきやま)などの有名な山もあるが、あまり食指が動かない。

 万事、腰と相談の身の上では山が望める広瀬湖で溜飲を下げ、精々、1時間程度の散歩でお寺巡りがいいところだろうか。あ~ぁ、これもまた現実だ。

a0120949_10462541.jpg

紅葉の向こうに恵林寺の方丈入口を望む



a0120949_1053171.jpg

渡り廊下を経てうぐいす廊下から信玄公墓碑へとつづく。下は「うぐいす廊下」



a0120949_10532995.jpg

# by h-fuku101 | 2017-11-17 10:50 | Comments(0)