小石川後楽園から

a0120949_8424580.jpg

 昨日は、2か月に1回の通院日。毎度のことながら通勤ラッシュの電車は地獄だ。薬をもらうだけの病院通いだから、先生は「ご近所でもいいですよ」とは言うが、おやじの想いはもっと先にある。

 「夜中のお目覚めは1回切り?」
 「はいっ!」
 「お漏らしはないですね?」
 「はいっ!」

 毎回、同じ質問と答え。朝9時20分には何もかもが終わっている。

 ここは飯田橋。「よしっ、小石川後楽園に寄って帰ろう」。

 水戸光圀公がこよなく愛した小石川後楽園。今は東京ドームが隣に居座り、時折りジェットコースターから発せられる奇声とも歓声とも取れない叫びが静寂を打ち破る。が、今は緑がきれいだ。

a0120949_8434010.jpg

通天橋の朱色が新緑とのコラボでいっそう映える



a0120949_8441636.jpg

中国・明の儒学者・朱瞬水設計の円月橋と今が盛りのウツギ(別名「卯の花」)



a0120949_8443855.jpg

庵・丸八屋を彩るボタン


# by h-fuku101 | 2017-04-29 09:00 | Comments(0)

#東北でよかった

a0120949_6274349.jpg

 勉強はできても、頭の悪い人はやっぱりいるものだ。「この人の場合、なにが、どう違うんだろう?」と思っていたら、わかりやすい事例があった。

 件(くだん)の元大臣が「復興の仕上がりをマラソンに例えたら30㎞あたり」とあいさつした直後、地元の知事が「まだスタートラインにも立っていない」と反論した。要は、周りを見ない自分本位の考え方か、そうでないかが大きいんですなぁ。

 今、ツィッター上では「#」(ハッシュ・タグ)を付けた「#東北でよかった」に4500件以上もの投稿が寄せられているという。

 中には誹謗中傷する心無い声もあるが、多くは、「2011年3月11日以降、被災地と呼ばれた地はふるさとであり、これからも暮らす大好きな土地です。ほんと、東北でよかった」「海の幸も山の幸も美味しいし、四季折々の風景も目を楽しませてくれる。東北でよかった」など、前向きでこころ温まるものが多い。

 外は雨。だが、朝からうれしい気持ちに満たされている。


a0120949_6375421.jpg

# by h-fuku101 | 2017-04-27 06:38 | Comments(0)

巧妙さ増すワルの手口

a0120949_6345725.jpg

 ~この度ご通知致しましたのは、貴方の未納されました総合消費料金について契約会社、ないしは運営会社から民事訴訟として訴状の提出をされました事をご通知いたします。~

 これは昨日、わが家に届いた一通のハガキの書き出しだ。タイトルは「総合消費料金未納分訴訟最終通知書」。差出人は「民事訴訟管理センター」とある。

 「あれ? 裁判所からの通知書にしては、随分、稚拙だなぁ」が第一感。そう、迷惑ハガキだ。最後まで目を通せばいろいろ引っ掛かるところもあるんだが、それをいちいち紹介して問題点を指摘するのは “敵に塩を送る” ことになる。ただ、最後に一行、消費者相談窓口の電話番号が書かれている。心配して電話をすれば、その後、嫌がらせがはじまるのだ。

 いゃぁ、金も時間も労力もかけ、 “ない知恵” を絞ってあれこれ仕掛けてくるものだ。ご用心、ご用心。

a0120949_6351443.jpg


a0120949_6352876.jpg






 

# by h-fuku101 | 2017-04-26 06:40 | Comments(0)

フジと熊んバチの頃へ

a0120949_6302783.jpg

 花が、ところによって早い遅いの差こそあれ、町に満ち溢れる季節がやってきた。

 「あれっ、ここのボタン、少し遅いんじゃない?」
 「そう言えば、シャクナゲだってそうよ。フジも、私のところじゃもっと房が豊かになってるわよ」

 いろいろご意見もあろうが、五十歩百歩。早晩、咲き出すんだから何も急(せ)くことはない。

 熊蜂が飛び回るので “恐さ半分に見る” フジ。姿に似ず穏やかな性格の熊蜂には迷惑なことだが、ここはこらえてくだされ、なぁ、熊んバチくんよ。

 大好きなフジがまもなく見頃を迎える。「そうすれば、花のまえに腰を据えてゆっくり話し合おうよ、なっ!」。

a0120949_6304545.jpg


a0120949_6305934.jpg

# by h-fuku101 | 2017-04-24 06:36 | Comments(0)

つつじ咲く頃

a0120949_819674.jpg

 つつじ。シャクナゲ同様、昔はあまり好きな花ではなかった。

 理由はわからない。ただ、歳とともに食べ物の好みが変わるように、近年は年ごとに好き度が高まり、「今年あたりつつじの追っかけをやってみようか?」などと思い始めている。

 追っかけといっても公園や庭園のはしごではなく、できれば山などに自然に生えているものがいい。もしかしたら、去年、檜洞丸(ひのきぼらまる・1601m)で見たシロヤシオや、昔、高尾山奥の城山あたりでみたつつじが潜在化し、感化されているものか!?

 ともかく今は神代植物公園。まもなく一番の見頃を迎えるつつじである。

a0120949_8204157.jpg

クロフネツツジは毎年、先陣を切って見事な花を開く



a0120949_8215100.jpg


a0120949_8212062.jpg

ワシントンから贈られた桜:アメリカとミツバツツジのコラボ



a0120949_8214572.jpg


a0120949_822071.jpg

奥は神代植物公園が誇るつつじ園。見頃がまもなくやってくる(上・下)


a0120949_8442910.jpg

# by h-fuku101 | 2017-04-22 08:31 | Comments(0)