日向薬師(ひなたやくし)

a0120949_4463932.jpg
 今年の彼岸花は、南足柄市運動公園でピリオドを打つつもりだった。

 だが、10月1日、2日は伊勢原駅頭で「道灌(どうかん)まつり」があるという。「彼岸花を追ういい口実ができた」とばかり、1日午後の遅い時間から日向薬師に出掛けた。

 日向薬師は小田急伊勢原駅からバスで30分くらいだ。途中、「洗水(あろうず)」というバス停があるが、このバス停の少し手前から日向薬師までのおよそ10分間は道路、田畑のあぜ道、川筋、庭の至るところに彼岸花を見ることができる。すごい。

 日向薬師は山里だ。人々の暮らしはこの時期、彼岸花や萩、コスモス、ムラサキシキブなどとともにある。いゃぁ、本当にいいところだ。
a0120949_4471132.jpg
a0120949_4473712.jpg
a0120949_4475554.jpg
a0120949_4481911.jpg
a0120949_4483953.jpg
a0120949_4485697.jpg

a0120949_4504313.jpg





a0120949_503014.jpg
 太田道灌を偲ぶまつりが毎年、伊勢原駅頭で行われているらしい。

 道灌公の行列は2日(日)なので観ることはできなかったが、宵宮の1日(土)は幼稚園児の太鼓や町内会の人々の踊りを観ることができた。
a0120949_505230.jpg
a0120949_51771.jpg
a0120949_512396.jpg

by h-fuku101 | 2011-10-02 04:43 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。