「浄蓮の滝」から「河津七滝」へ

a0120949_6245836.jpg

旅芸人一座の踊子・薫と青年の像近くにある「初景滝(しょけいだる)」


 ~♪♪ 隠しきれない移り香が いつしかあなたに浸みついた
     誰かにとられるくらいなら あなたを殺していいですか ♪♪~

 石川さゆりさんの「天城越え」に歌われた天城隧道や浄蓮の滝、つづら折り、わさび沢、川端康成の「伊豆の踊子」に読まれた河津七滝などは伊豆の名所だが、伊東温泉「伊でゆ荘」(今はない)を会社の定宿にし、年間5~6回は会議などで泊りを重ねていた割には1回も行ったことがない。

 「ちょうどいい機会だ」と天城から河津の、いわば “伊豆半島の背骨” を訪ねてみた。

 浄蓮の滝は「日本の滝百選」の一つだと言う。昔、滝の付近に「浄蓮寺」があったことからそう名付けられたらしいが、岩肌には十日町紀行で紹介した清津峡と同じ柱状節理が見られる。

 川端康成著「伊豆の踊子」で知られた河津に下ると、滝は「たる」または「だる」と発音される。「河津七滝(かわづななだる)」が有名だ。滝は、上流から釜滝、えび滝、蛇滝、初景滝、かに滝、出合滝、そして、大滝。ただし、大滝は温泉旅館の私有のため一般客は見ることができない。

 しばしいいひと時を過ごした。 ~♪♪ あなたと越えたい 天城越え ♪♪~ ってか・・ 
a0120949_6251044.jpg

河津七滝の一番上流にある「釜滝(かまだる)」


a0120949_6251977.jpg

「かに滝」


a0120949_6253020.jpg

「出合滝」


a0120949_6461379.jpg

そして、日本の滝百選の一つ「浄蓮の滝」


by h-fuku101 | 2015-01-08 06:04 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。