春を訪ねて=広隆寺から

a0120949_639932.jpg

花越しに見る通称「赤堂」と呼ばれる広隆寺講堂


 広隆寺は京都・太秦(うずまさ)の地にあり。

 推古天皇11年(603年)に建立された山城国最古の寺院で、聖徳太子建立の日本七大寺の一つ。この寺のご本尊が国宝第1号の弥勒菩薩半跏思惟像。奈良・中宮寺の如意輪観音と並んでおやじがもっとも敬愛する仏さまの一つだ。昨年7月、「日韓国交正常化50周年記念事業」の一つとして公開された中宮寺の “弥勒さん” を上野・国立博物館で拝観したことは話した。

 広隆寺訪問とご本尊再会は約50年ぶり。長岡天神から大混雑の嵐山経由で訪ねたが、半世紀ぶりの広隆寺は訪れる人も少なく、心静かに仏前に端座した。

 約50年という “時” を経ても、お姿は以前と同様、おだやかでやさしい。歩き続けて来た疲れなどいつしか消え去っている。

a0120949_642836.jpg

ご本尊など数多くの国宝仏が納められた新霊宝殿前にて



a0120949_6463955.jpg

多民族が入り混じり、大混雑の嵐山・渡月橋



a0120949_6423526.jpg

by h-fuku101 | 2017-04-05 06:59 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。