もう一つのチューリップ

a0120949_6295623.jpg

 夜半から強い風にエスコートされた雨が窓ガラスを激しく叩いている。

 天気予報では、日本海に低気圧の中心がどっかと居座り、さながら行きつけの床屋の壁に吊るされた時計のように左巻きに円を描いている。世の中にはいろいろ考える人がいるもので、この時計、鏡に映すと普通の時計のように動く。

 朝はもっぱらNHKのニュースを観て過ごす。便利な商品を紹介するコーナーがあるが、今朝はこれで少々、立腹気味だ。「お客さんにメールをしたい。でも、パソコンを人に見られてしまう」っていうんで、カフェのテーブルを折りたたみ式の衝立で囲む。どうやらこれが便利グッズらしい。「おいおい、それじゃ隣の席の人たちが迷惑するだろ。見られるのが嫌なら人のいないところへ行けよ!」。

 公的空間(パブリック・スペース)を私的空間(プライベート・スペース)のように使い、しかも、それを優先させようとするから世の中おかしくなる。

 行きつけの公園に原種系チューリップが咲いている。

a0120949_6301991.jpg

by h-fuku101 | 2017-04-18 06:35 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。