「夏はき~ぬ」=薬師池公園にて

a0120949_637859.jpg

 ~♪♪ 卯の花の匂う垣根に
      ほととぎす早やも来 鳴きて
       しのびね音もらす 夏はきぬ ♪♪~

 ここはえびね苑からもほど近い薬師池公園。あと2か月もすればハスの見どころとしてたくさんの人たちが押し寄せるが、実は、四季を通して梅、桜、つつじ、ぼたん、花菖蒲、もみじなども十分に楽しめる。

 おやじの狙いはアマドコロ(甘野老)とスズラン。ことにアマドコロは初めて出合ったこともあり、思い入れが強い。今、その前に膝まづきシャッターを切っている。その耳に唱歌「夏はきぬ」が聞こえてきた。「ん? 卯の花はつい最近小石川後楽園で見たけど、ここにもあったっけ?」

 歌っていたのはお歳を召したご婦人二人。「きれいな声だ」。おやじも3~4日前にダミ声で歌ったばかりだが、「いゃぁ、歌う人によってずいぶん違うもんだなぁ」。

 一日の終わりに撮った公園の風景写真。「なるほど、世間はすっかり『夏はき~ぬ』だ」。そして、きょうは「八十八夜」。

by h-fuku101 | 2017-05-02 06:22 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。