2013年 08月 14日 ( 1 )

深川歩き

a0120949_711013.jpg

隅田川沿い遊歩道には芭蕉の句が並べられている


 「都営新宿線森下駅からほど近いところに芭蕉記念館」…。「嘘を書いていてはいけない」と、検証を兼ねて深川界隈を散策した。

 深川と言えば下町。小気味よい口調のなかに何とも言えない人情が見え隠れし、この地の風情はたまらなくいい。「深川と本所の境はどこなんだろう…?」。と言うことで、前に一度歩いて “この人情” に触れ、その良さを知った。

 そのとき偶然見つけたのが芭蕉ゆかりの建物。が、これは芭蕉記念館ではなく、「採荼庵(さいとあん)」跡。記念館だとばかり思っていた。芭蕉は、深川の草庵を人に譲った後、奥の細道に出掛けるまで門人杉風(さんぷう)の別荘に滞在したが、それがここ「採荼庵」だ。

 芭蕉記念館は大川(隅田川)を背に建つ。近くの小名木川沿いには芭蕉記念館分館と芭蕉稲荷。この芭蕉稲荷がどうやら草庵があった地で、有名な「ふる池や蛙飛びこむ水の音」もここで詠まれたらしい。

 往古を訪ね歩くのは、いい。
a0120949_6573154.jpg

ドイツケルン市の吊り橋をモデルにした清洲橋(小名木川にかかる萬年橋から)


a0120949_735965.jpg

採荼庵跡に座す芭蕉像。横を流れるのは仙台堀川


by h-fuku101 | 2013-08-14 07:25 | Comments(0)