2013年 10月 04日 ( 1 )

プール歩き

a0120949_751643.jpg

スポーツセンター前のハナミズキは色づき、赤い実を付けていた


 人間ドックの先生が「とにかく運動しなさい!」と言う。「これ以上、何をしろと言うんだ!?」が本音も太りつつあるのは事実だから、今は取り入れたカロリーに見合う運動量にはなっていないようだ。

 わが家から歩いて20分くらいのところに公営スポーツセンターがある。一昨日、散歩がてら見学に行った。

 大きな体育館の半分にびっしりと置かれた卓球台はじじ・ばばで満杯。隣では9人制バレーボールに団地ママが4チーム。トレーニング・ジムも満杯ならプールもお腹の出たおじさん、おばさんで水があふれてる。裏のテニスコートも人・人・人…。みんな手も足も、そして身体も動かしている。

 「よ~し!」と、昨日は清水(きよみず)の舞台から飛び降りに行く。

 球技はそこそこ自信があるが、水泳は小学校低学年のときに隣の清美ちゃんと補習を受けたほどだから、どちらかと言えば苦手。だが、「足に負担をかけないならプールがいい」とまずプール歩きに挑戦。そして、30分。「よしっ、少し泳いでやるか!?」。とんでもない…!いくら苦手でも50mは軽かったのに…。

 思えば、50年以上ぶりのプール。息が続かない上に水を飲んだ。

 水からあがると、それまで水の浮力で支えられていた体重がもろ足にのしかかり、鉛(なまり)を付けたように重い。「えっ?これが俺の身体か?」。鶴瓶さんが出演するCMに「ひざが痛いから太るのか?、太るからひざが痛いのか?どっちも」がある。確かに、これだけ重いと足も痛くなるわなぁ。
a0120949_753140.jpg

by h-fuku101 | 2013-10-04 07:14 | Comments(0)