2017年 05月 03日 ( 1 )

薬師池公園での空白のとき

a0120949_725522.jpg

 唱歌「夏はきぬ」の作詞者は国文学者で歌人でもある佐佐木信綱氏。この人の名前を聞くと、即座に「ゆく秋の大和の国の薬師寺の塔の上なるひとひらの雲」が思い出される。

 昔々、奈良・薬師寺東塔のそばに墨書された句板が置かれてい、訪れるたびに読んだものだ。が、東京に来て何年か後には取り払われてしまっていて、思い出すたびにあの日のさみしさがよみがえる。「夏はきぬ」を歌うご婦人方の声が佐佐木信綱氏を想起させ、果ては句板にまで想いが及んでしまった。

 気づくと、アマドコロの前に膝まづきながらシャッターを切る手は止まっていた。

 「そうだ!今はアマドコロだ。おまえにはこの公園の薬草園で初めて会ったんだよなぁ。で、思いがけずスズランとも出会った。それだけに、思い入れが強いんだよなぁ・・」。

a0120949_7261337.jpg


a0120949_7265953.jpg


a0120949_7271613.jpg


a0120949_7274281.jpg

この時期はアマドコロ(甘野老)恋しさに薬師池にやって来る



 

 

by h-fuku101 | 2017-05-03 07:42 | Comments(0)