2017年 05月 23日 ( 1 )

言葉

a0120949_6305065.jpg

 もう少し格好よく歩けよと夫は言う必死に義足を進めいるわれに  鈴木直子

 ~作者は病で右足を失った。意味だけとれば夫の言葉は酷である。しかし親しみをこめた励ましの言葉なのだ。言葉には意味だけでなく風味がある。「バカ!」といっても「愛しているわ」といってることもある~
                                                          読売紙「四季」から


 言葉はコミュニケーション・ツール。他人からは「ひどい!」と思われようが、二人の間で通じ合い、ほほえみや温かみ、愛情を享受し合えるものもある。

 昔、こんなことがあった。

 寄せられた原稿に「主人」と書かれていた。同僚の編集者は「夫」に書き直せと言う。しかし、「主人」という言葉には深い愛情が込められ、伝わってくる。言葉ツラだけにこだわるから「言葉狩り」が行われる。

a0120949_6321429.jpg


a0120949_6322839.jpg

by h-fuku101 | 2017-05-23 06:28 | Comments(0)