2017年 10月 19日 ( 1 )

芸術的なマー君のピッチング

a0120949_16344635.jpg

 米ア・リーグの優勝決定シリーズ、ヤンキース対アストロズは、マー君の芸術的なピッチングでヤンキースが快勝。対戦成績を3対2としてリーグ制覇に王手をかけた。

 それにしても見事な7回・103球、完封劇だった。三振こそ7つくらいだったが、打たせて取るピッチングは圧巻。球数を意識して、「少しでも長い回数を投げてリリーフ陣の負担を軽くしよう」というものだろう。

 解説した小早川さんのコメントもわかりやすくて、いい。アストロズのリリーフ投手の投球間隔が長いことを受けて、「これでは守ってる選手たちのやる気を阻害しているようなもの。もっとテンポよく投げて次の攻撃につなげないと」。これは一例だが、一事が万事、勉強になる。

 ヤンキース、ドジャースはともにあと1勝でそれぞれのリーグを制覇。マー君、ダル君、マエケン君の日本人投手が投げ合う姿が近づいている。が、油断は禁物だ。締めてかかろうぜ!

a0120949_16351445.jpg


a0120949_1636531.jpg

※今週はここまで。25日にまたお会いしましょう。

by h-fuku101 | 2017-10-19 16:38 | Comments(0)