<   2009年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

歴史的転換点


 第45回衆院選が終わった。

a0120949_7541830.jpg
 民主党は308議席という途方もない、歴史的な大勝利を収め、自民党は結党55年にして初めて第1党の座から滑り落ちた。

 小泉政治の誤り、安倍、福田、麻生の迷走に嫌気をさした国民が選択したにしては余りにも大きな民主党への一票だが、政権を託された以上、言い訳や泣き言を言っている暇はない。

 民主党は、マニフェストで「官僚政治からの脱却」を謳っている。また、「徹底的な無駄の排除」で高速道路の無料化や子育て支援なども打ち上げた。だが、これらは「天下り廃止」とともに、すべて官僚との対峙にかかっている。首班指名に続き組閣が行われるが、選任される各大臣はまず、その壁の厚さに直面するだろう。

 また、当面は、国会運営のまずさも露呈するかも知れない。しかし、頑張って欲しい。

 民主党への風で揺れた日本に、今度は台風11号が近づいている。今日は本物の暴風雨だ。

by h-fuku101 | 2009-08-31 07:52 | Comments(0)

人、さまざま


 茨城への出張で、乗る列車は上野発9時30分。自宅を7時に出、新宿着は7時45分。まだ、あり余るほど時間がある。

a0120949_7522648.jpg

ご近所の農家の庭先で撮らせてもらいました



 新宿駅地下にある喫茶店で時間つぶしをすることにした。入った店は「シルエット」。ここは行き付けの但馬屋と同じ経営者がやっている。

 カウンターにノートパソコンを広げて早くも仕事をしている人、スポーツ紙に目をやる人、携帯に見入る人。実にさまざまだ。

 こちらは、「おっ、時間つぶしと人間観察にはもってこいだ」とばかり、それぞれの人をそれとなく見させていただいた。当然、ここにいる人たちも笑い、怒り、泣くことがあるだろう。だが、どうしても笑っている顔だけはイメージすることができなかった。(これって、もしかしたら自分自身の心を反映してるのかな?)

 それにしても「シルエット」のコーヒーはいただけない。本当に同じ系列なの?

by h-fuku101 | 2009-08-29 07:58 | Comments(0)

心あらず


a0120949_7304928.jpg
 

ほうき草。秋には赤く色づいてとてもキレイですよ

 2日間、仕事で茨城県の石岡、土浦、龍ヶ崎、つくば、結城の各市を回ってきた。

 今回の仕事には正直、行く前からあまり気乗りがしていなかった。だから、関心はもっぱら「近くに温泉はないか?」。インターネットで調べてみると、「小山温泉 思川(おもいがわ)」があった。露天からは、鮎釣りに興じる釣り人たちで賑わう思川が見下ろせ、景色もなかなかいい温泉だった。

 2日目の夕刻には友人3人との囲碁対局。どうやら完全に遊びモードに侵されている。そういえば、仕事に行くのに名刺を忘れていた。反省。心ここにあらずの仕事はいけませんなぁ。

by h-fuku101 | 2009-08-28 07:39 | Comments(0)

夏の終わり?



 高校野球、世界陸上が終わり、私の夏は終わった。

 今年の夏はある意味、異常だった。沖縄、関東以外の地域では梅雨明け宣言がないままに夏に入り、その関東でもお盆前までは抜けるような夏空はほとんど見られなかった。日本近海で台風に変わった8号は、山口、九州、台湾、中国、兵庫の各地に大雨災害をもたらし、震度4級の地震が1日置きに3回も発生して帰省の足に影響を与えた。

a0120949_8104935.jpg
 写真を撮り始めてから急に雲に関心が向くようになったが、夏の真っ盛りでも入道雲やキントン雲を見たのはほんの数えるほど。早い時期から秋を感じさせるような雲が多かった。

 本当にこのまま夏が終わってしまうのだろうか?

 例え、おじさんの夏は終わっても、選挙戦を戦っている人たちの夏は続いている。流す汗が本物の汗ならいいけれど、それがヒヤ汗だったら身体によくないよ。

 今日は金川会。こちらは囲碁の戦いに没頭することにしよう。

 ※明日、あさってはお休みします。

by h-fuku101 | 2009-08-25 08:11 | Comments(0)

感動


 昨夜は、世界陸上女子マラソンの中継に目が釘付け状態だった。

a0120949_715285.jpg 一番期待していた赤羽有紀子さんは、「全然、身体が動かなくなった。マラソンの怖さを知った」とかで残念だったが、尾崎好美さんが銀、加納由理さんが7位入賞、藤永佳子さんが14位。団体戦でも銀という、素晴らしい成績を収めてくれた。

 さて、尾崎さん。終始、先頭集団をキープし、35㌔過ぎからは中国の白雪、エチオピアのメルギアとともに激しい競り合いを続けた。特に、40㌔を過ぎてからの白雪とのデッドヒートは、まさに手に汗握るものがあり、思わず「頑張れ! 頑張れ!」と声に出して応援していた。

 それにしても、あの小さな身体のどこにあんなパワーが隠されているんだろ?40㌔を走ってなお、並みの女子高生が全力で走ってもどうかというようなスピードだ。まさに、すごい!

 日本選手がゴールするたびに、目をウルウルさせながら手を叩いているおやじの姿は、とても人に見せられたものではない。

by h-fuku101 | 2009-08-24 07:16 | Comments(0)

百日紅(サルスベリ)


 サルスベリの花が、今を盛りとばかりに咲き誇っている。

a0120949_5474697.jpg
 数年前までは名前すら知らず、咲いていても意識することもなかった花なのに、今は「本当にきれいだなぁ」と思うようになった。

 よく見ると、枝の先っぽにしか花を付けていない。普通の花(?)は、一つの花のなかに雄しべ・雌しべが揃っているが、サルスベリはその両者が花群のなかに一対あるだけ。おまけにそれが何なのかわからない実まで付けている。花言葉は「敬愛、潔白」だとか。

 毎年、梅雨明け前後に槿(むくげ)が咲き出し、それを追いかけるようにサルスベリが花を付ける。これらの花は、朝顔とともに夏を代表する花だろう。

 今年は、サルスベリを求めて、先日は新宿御苑に出掛け、昨日は自転車でご近所を走り回った。何とも贅沢(ぜいたく)な日々である。
a0120949_5544414.jpg

by h-fuku101 | 2009-08-22 05:49 | Comments(0)

予想屋


 昔、競馬場に、頭にハチマキをし、耳に赤鉛筆をはさんだおじさんが、みかん箱のうえで叫んでいる姿をよく見た。予想屋だ。今は、賭け事はしないからこの姿を見ることもなくなったが、いつも思ったのは「そんなに当たるんだったら、自分で馬券を買えばいいのに」だった。

a0120949_942739.jpg
 マスコミ各紙が今回の総選挙の動向を盛んに報道している。一様に「民主300議席を超える勢い」だ。実数がこの数字通りかどうかは予想屋じゃないから分からないが、今回の選挙で民主党が大勝するのは間違いないだろう。

 各省庁では今、表面上は平静を装いつつも、内部では戦々恐々の面持ちでその動向、結果を見守っていることだろう。8月は来年度予算の締切月だ。従来の年なら12月まで各省庁と財務省との予算折衝が続くが、大臣が交代することにでもなれば、すべて絵に描いた餅になることもある。

 サンデー毎日のおじさんは、友人一人ひとりの顔と苦悩に想いを馳せつつも、今日も各選挙区ごとの当落予想を無責任に繰り返している。

 

by h-fuku101 | 2009-08-21 09:43 | Comments(0)

大阪人


a0120949_712868.jpg 今週は、月曜日が友人K君との囲碁対局、火曜日が友人たちとの会食、そして、今夜が大阪人会だ。土曜日に囲碁大会が入っているから、今週は「忙中閑あり」じゃなく、「閑中忙あり」の一週間になる。うれしい。

 さて、大阪人会。誰に遠慮、気兼ねすることもなく大阪弁で話せる訳だから、毎回、何とも言えずすっきりとした気分で会場をあとにすることができる。

 よく「大阪人は東京が嫌い」と言われるが、厳密には正しくない。現に、私の場合、本所、深川、浅草に代表される下町。ここに数代にわたって暮らしておられる生粋の東京人の言葉や人情には心底、引かれるものがある。

 この気持ちは、全国どの地域に行っても同じ。今はテレビの影響で地方の独自色が薄くなってしまったが、しかし、その土地の言葉や風習に接するとき、「あぁ、来てよかった」の想いにかられる。

 大阪弁も同じ。やはり、花は、鉢植えではなく、野にあってこそ美しい。

by h-fuku101 | 2009-08-20 07:13 | Comments(0)

うれしいコメント


a0120949_8161339.jpg 読売新聞の編集手帳欄に、「劇団四季」の浅利慶太氏がドイツのソプラノ歌手:エリカ・ケートさんから聞き取り、まとめた言語比較論が紹介されていた。

 浅利氏は、「ケートさんは、イタリア語を『歌に向く言葉』、フランス語を『愛を語る言葉』、ドイツ語を『詩を作る言葉』と評し、日本語を『人を敬う言葉』と答えた」という。

 編集手帳は続けて、先日の横浜隼人(神奈川)戦に完投した花巻東(岩手)菊池雄星投手の勝利インタビューで「人を敬う言葉」の実例に接したと述べている。その実例とは「これまでも練習試合で対戦し、ずっと横浜隼人のようなチームになりたかった。きょう勝てて、少し近づけたかなと思う」だ。すばらしい。

 朝から、こちらまでうれしくなってしまった。

by h-fuku101 | 2009-08-19 08:17 | Comments(0)

エンゲル係数


 エンゲル係数とは、本来、生活水準を表す指標として、家計支出に占める飲食費の割合を示すものだが、おやじの独り言の独自解釈として、おじさんがもっぱらどういう分野に多く支出しているかを検証してみたい。

a0120949_8553929.jpg
 検証するまでもない。囲碁、写真を例えば遊興費に分類すれば、その経費が断然、トップを占めている。続いて交通費、飲食費(コーヒー)、交際費だ。服飾費?これは多分、下位ベスト3にランクされると思っている。

 写真は、いわば設備投資のようなもの。当初費用は確かにかかるが、昔のフィルムと違い、維持費はほとんど必要ない。減価償却方式を採用すれば、年々、ランクは下がっていくだろう。次に交通費。カメラに没頭して以来、一挙に増大した。だが、知らない土地を知ることが出来る喜びは大きい。囲碁も設備投資の部類。こちらは施設利用費がバカにできないが、勝っても負けても文句なしに面白い。コーヒーは3日、但馬屋の店長の顔を見ないとさびしくなる。これは、いわば必要経費だろう。

 何だかんだと言っても、医療費・医薬代が下位ベスト3なのが喜ばしい。

 

by h-fuku101 | 2009-08-18 08:56 | Comments(0)