<   2010年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

開成町


a0120949_7133127.jpg
 小田急新松田駅から歩いて約10分、酒匂川にかかる十文字橋を渡ると開成町に入る。ここ開成町の町花があじさいで、6月5日から13日の一週間、恒例のあじさい祭りが開かれる。

 堀切菖蒲園の沿道に咲き始めたあじさいに触発され、その翌日の27日(木)、1年ぶりに開成町を訪れてみた。農道や田の畦(あぜ)に沿って植えられたここのあじさいは、葉が無農薬野菜のようで決してきれいだとは言えない。しかし、日本の原風景にぴったりと溶け込んでいる。

 ユニークなのは町があじさいの「里親制度」を取り入れていることだ。なかなかに面白い制度ではある。

 訪れたときはちょうど昼休み時間中だった。近くにある上足柄役場の、明らかにメタボらしきおじさんたちが、せっせとお散歩の最中だった。
a0120949_7154812.jpg



 

by h-fuku101 | 2010-05-31 07:16 | Comments(0)

多摩川台公園


a0120949_8242978.jpg
 東急東横線多摩川駅南口を出てすぐのところに多摩川台公園がある。約1週間前、あさぐさんがブログで紹介してくれていたので、愛車にまたがり出掛けてみた。

 実は、この多摩川台公園に来たのは3回目で、前回は半年前。公園の裏手を多摩川が流れていてそこに東横線の鉄橋が架かっている。桜の季節、鉄道フアンなら絶好の撮影ポイントになるだろうと思っていた。

 多摩川台公園は、「全山が紫陽花か」と思えるほどだったが、満開はもう少し先だ。
a0120949_8245072.jpg

a0120949_825750.jpg

a0120949_8251970.jpg


 

 

by h-fuku101 | 2010-05-30 08:27 | Comments(0)

遠い道程


a0120949_8131834.jpg

新宿御苑に咲いていたアルストロメリア(別名:百合水仙)



 昨日は、朝から抜けるような青空に包まれた。

 朝霧高原以来、南側から見た富士山に魅かれていたから、7時半に自宅を出て小田原を目指した。裾野方面に行くか、西伊豆にするかはまだ決めていない。ところが、電車が秦野あたりまで来ると空は一面の雲に覆われ、富士山などとても望めそうにない。それでも小田原まで行ったが、ここで断念することにした。

 で、新宿までUターン。町田あたりでまた抜けるような青空が復活した。日本って狭いようで広いわい。

 結局、千駄ヶ谷で髪を切り、昔なじみのステーキハウスで食事をし、新宿御苑の花々と久しぶりに語らったが、御苑までの道程の何と遠いことよ。

 御苑横にある新宿高校の生徒たちが学校を挙げて公園の掃除をしてくれていた。「こんにちは」と声を掛けてくれた女学生に、心から「ご苦労さま」と言えた。
a0120949_8281886.jpg

a0120949_814115.jpg

早生のアジサイはこの花だけが色づいていた(上・下)


a0120949_8211943.jpg


a0120949_8141688.jpg

a0120949_8144081.jpg

カルミアは最近、庭木や垣根などでよく見かけるようになった


by h-fuku101 | 2010-05-29 08:29 | Comments(0)

生意気な

 
a0120949_6361843.jpg 4月に白い花を咲かせた梨。今、その木に小さな実が、まさにニョキニョキと実り始めている。梨農家では、これから間引き、袋掛け、消毒などの作業に追われることになるのだろう。

 ご近所を自転車で走っていると、小さな実たちが実に可愛く目に飛び込んでくる。ところが、カメラレンズを通して見ると、何と、生意気にもすでに親とまったく同じ格好をしている。

 この時期を人間の子供に例えると保育園の年長組か小学校の低学年か。可愛いんだが生意気なところも芽生え始めるという頃。

 今、保育園の子供たちが移動するとき、少し大きめの手押し車に10人近くが乗っている。子供たちはてんでバラバラに自己主張をしている。気がつくと、こちらの顔もほころんでいる。
a0120949_6365866.jpg

by h-fuku101 | 2010-05-28 06:37 | Comments(0)

堀切菖蒲園


a0120949_6424787.jpg

薄紫やエンジに彩られたアジサイ。何とも言えずいい色合いだった



 堀切菖蒲園は、京成電鉄の堀切菖蒲園駅からおよそ700メートルくらいのところにある。好きな公園の一つで、1年に1回は必ず訪れることにしている。

 実はこの700メートル。普通なら7~8分もあれば着いてしまうのだが、毎年、30分以上もかかってしまう。それは菖蒲の季節に合わせるかのようにアジサイが満開を迎えるからだ。

 もし、初めてここを訪れる人が36枚撮りフィルム1本しか持ち合わせていなかったら、菖蒲園にたどり着く前にフィルムがなくなり、あわてて駅前まで買いに戻らなくてはならなくなるだろう。それほどに見事なアジサイが沿道を賑わせている。

 昨日、雨が降り出す前に下見に出掛けてみた。そう、今回はあくまでも下見だ。
a0120949_6443772.jpg

a0120949_6445282.jpg

a0120949_645935.jpg


 

by h-fuku101 | 2010-05-27 06:50 | Comments(0)

一日事情

 
a0120949_635677.jpg

雨の日曜日、水玉を求めてご近所散歩としゃれ込んだ



 洗心金川会の囲碁教室。昨日集まったのは15人だった。

 対戦したのは、今、初段くらいのAさんと2局、職場の先輩Mさんと1局の計3局。結果は1勝2敗だった。

 昨日アップした「心静かに盤全体を見渡した対戦」は公約どおり実践できたが、それと勝ち負けは別。久しぶりに対戦したMさんには、いつものことながら、完全に気合でやられてしまった。

 教室終了後、Nさんのお誘いを受けて新橋に出た。何でも広島風お好み焼きのおいしい店があるとのことだったが、あいにく満員。普段は絶対にあり得ない焼肉パーティーへと変化した。

 このNさん。帰国子女という過去を持つだけに、「最近顔を見ないなぁ…」と思っていると「ハワイに行ってた」など、今も世界レベルの活躍をしている。う~ん、話しの中身もなかなかにユニークな人ではある。
a0120949_63522100.jpg

by h-fuku101 | 2010-05-26 06:43 | Comments(0)

ブラシの木


a0120949_692629.jpg
 今、ブラシの木が最盛期を迎えている。思わず声が出るくらいに、きれいだ。オーストラリア原産で、日本には明治中頃に渡来したらしい。 

 「ブラシの木」という和名も面白いが、何よりこの花の特徴を見事に表現しているのがギリシャ語の「カリステモン」。「カリス」は美しいで、「テモン」は雄しべという意味だ。そう、花のように赤いのはみんな雄しべ。

 毎年5月~6月にきれいな花(?)を見せてくれるが、先日、この花を見つけたとき「あれ? もう1年経ったのかなぁ?」と思った。で、調べてみると初夏と同じような気候になる秋にも花を咲かせるようだ。

 今日は第4火曜日。洗心金川会の教室がある。この花の花言葉「素直な気持ち」にあやかって、心静かに盤全体を見渡そうっと。
a0120949_694817.jpg

by h-fuku101 | 2010-05-25 06:11 | Comments(2)

キダチベゴニア


a0120949_6521511.jpg
 ベゴニアの仲間は、亜熱帯地方を中心に1000種を超えているらしい。多くは球根だが、地下に球根を作らないで茎が直立する種類を「木立(性)ベゴニア」というとか。

 我が家から自転車で約15分。宿河原という駅から歩いて5分くらいのところに川崎緑化センターがある。ここの温室で初めてこのキダチベゴニアと出会った。

 この花には名札が付いてなかった。たまたまおられた管理人に「この花は何ていうんですか?」と尋ねた。「あぁ、それはキダチベゴニアっていうんです」「えっ、これベゴニアですか?」がそのときの会話だった。

 花言葉は「親切」。11月7日の誕生花というから「どうしていまどき?」と思うが、園芸品種には四季咲きも多いらしい。

 ベゴニアの葉は左右非対称で、真ん中から二つに折ってもぴったり重なることがない。だからベゴニアの花言葉は「片思い」。
a0120949_6523621.jpg

a0120949_6525272.jpg

by h-fuku101 | 2010-05-24 06:54 | Comments(0)

入り口

 
a0120949_6521426.jpg
 初夏を思わせる太陽に誘われて神代植物園に出掛けた。

 入り口には幼稚園、保育園、老人ホーム、写真教室、歩こう会…など各種団体が集まり大変な賑わいだ。今、開催中のバラ展の人気にはすごいものがある。21日は多分、4~5万人は訪れているだろう。

 深大寺入り口交差点のところにシャレた洋菓子店がある。約半年前、テレビサスペンスの撮影にも使われた店で、深大寺に来ると必ずといっていいほど顔を出す。

 店の入り口に「ゲゲゲの女房」の原作本が置いてあった。つれずれに手に取り、あとがきだけを読んだ。出版社の人が作者に出版を勧めた理由は、作者がたまたま言った「人生、終わり良ければすべてよし」に感動したからだったとか。

 「最近の人たちはどこの学校に入っただとか、どこに就職しただとか、誰と結婚しただとか、入り口だけを気にする。人間って、終わり良ければすべてよしなんじゃないでしょうか」。うる覚えで書いたから少し違うかも知れないが、うれしい気持ちで店を後にした。
a0120949_653212.jpg

a0120949_6544020.jpg

a0120949_6545694.jpg

a0120949_6551699.jpg

a0120949_6561962.jpg

a0120949_6563737.jpg

a0120949_6572160.jpg



 

by h-fuku101 | 2010-05-22 06:58 | Comments(0)

言い訳半分


a0120949_6432219.jpg
 急な要請で広島、熊本へと出張した。

 「朝10時発の飛行機だから…」とタカをくくっていたが、7時半には家を出ないといけないし、準備もあるしで、水曜日のブログをアップできない心苦しさに苛(さいな)まれたまま出発した。今回発表されたサラリーマン川柳に「先を読め、読めるわけない 先がない」ってのがあったなぁ。俺にも先がなくなったのか?!

 18日火曜日、生田緑地バラ園が開園した。朝10時にはそう多いとも感じなかった入場者だったが、お昼ご飯時分にはもういっぱい! それにしても世の奥様方は準備がいい。ほぼ全員が弁当持参だ。芝生やテーブルに陣取ってのお食事タイムはいいが、この日は風もすごい。砂埃というフリカケのお味はいかがだった?
a0120949_6441966.jpg

a0120949_6444762.jpg
a0120949_645182.jpg

a0120949_645133.jpg

a0120949_6492855.jpg

by h-fuku101 | 2010-05-21 06:50 | Comments(0)