<   2010年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

高尾山6号路


a0120949_4473456.jpg

高尾山からは横浜方面が輝いて見えていた



 高尾山6号路は先日下った稲荷山コースの下を流れる川沿いルートだ。

 なかなかいい道だが、雨が続いた日の翌日に、しかも下山ルートとして選ぶことはない。

 途中で道が途切れた。ブッシュの中に入って行ったが道はない。驚いたことに川の中を歩くのが正規のルートだった。
a0120949_4481100.jpg

ここでゾロゾロと登ってくる人たちと遭遇したら…



a0120949_4481229.jpg

右側が正規ルートだが、上の写真の石段から道の全部が川状態だった



 朝8時半に登頂し、下山は9時前だ。6号路はびわ滝から下は道幅も広くなるが、上はすれ違うのが困難な箇所が結構ある。ここで小学生の集団登山、山バーバたちと遭遇。「登り優先」がマナーだから “待つ” こと10数回におよんだ。
a0120949_52213.jpg

びわ滝では今も滝修行が行われていて、昨日も5人ほどが打たれていた




 6号路はそんなにキツイルートではないから、朝の早い時間帯なら登りは6号、下りは1号がいいかも知れない。

 体力維持の山登りには早朝の高尾山はなかなかいい。ただし、遅くなると地獄ですぞ~。
a0120949_52191.jpg

by h-fuku101 | 2010-09-30 05:20 | Comments(0)

煮物


a0120949_5362787.jpg

クレオメとは今期2度目の出合い。今ではすっかり好きな花になった


 いゃぁ、人間の嗜好って歳とともに変わるものだ。

 現役時代には多いときで週3~4回、近江牛を食べさせてくれる店にいた。それほどに肉一辺倒の生活を送っていたが、近年は、むしろ「魚と煮物が大好物です」と答えるようになっている。

 NHKの料理番組で講師を務められた村田さんの “比率論” は圧巻だった。ダシ、醤油、みりん、酒、砂糖といった調味料を比率で覚えるのだ。例えば、おでんならダシ15:薄口醤油1:みりん1:酒少々と言った具合。もっとも塩分が強いダシかどうかでこの比率は変わるが…。

 亡くなられた映画評論家:水野さんの口癖は「いゃぁ、映画って本当に面白いものですね」だったが、「いゃぁ、煮物って本当においしいものですね」と言いたい。
a0120949_5364572.jpg

by h-fuku101 | 2010-09-29 05:42 | Comments(0)

秋雨?


a0120949_5243770.jpg
 昨日、今日とよく降っている。それに気温も低い。まるで秋雨前線にすっぽりと嵌(はま)ってしまったかのようだ。

 「朝から降っている雨は正午ごろには上がるでしょう。夜にはまた降り出しますから、遅くなる人は傘を持ってお出かけください」。昨日の天気予報だ。

 で、まだ雨が残る11時過ぎに電車に乗り昭和記念公園を目指した。園内には彼岸花、クレオメ、コスモスなどの秋花の他、ウメモドキなど木の実もたわわに実っている。「雨はそのうち上がるだろう」「あっ、空が少し明るくなってきた」…。結局、終日振り続けた。
a0120949_5251150.jpg


a0120949_5264899.jpg


 

 

by h-fuku101 | 2010-09-28 05:27 | Comments(0)

ソフトバンク優勝!


a0120949_553259.jpg

優勝を祝ってランの花を贈ろう



 ソフトバンクが7年ぶりにパ・リーグを制覇した。ヒャッホ~!

 変なことに意固地になっている。自称 “ホークス・フアン” だが、同じホークスでも “南海ホークス”。本拠地が大阪から福岡に変わった時点で気持ちが離れたつもりだったが、心の深~いところでは応援していたようだ。

 でもねぇ、同じ優勝をするなら楽天に勝って胴上げといきたかったねぇ。試合の最中に西武敗戦のニュースが入ったから気が抜けたのかも知れないが、それでは日本一にはなれないぞ。

 それにしても今年の野球は最後まで目が離せず、面白い。

by h-fuku101 | 2010-09-27 05:22 | Comments(0)

偶然の出会い


a0120949_513225.jpg

神代植物公園の大温室に咲くセイヨウサクラ


 人間ドックを受診する病院には朝7時過ぎに着いた。が、二番目だった。上には上がいるもんだ。

 午後、担当医から結果の概要報告がある。聴診器と触診の後、「結果は昨年とほぼ同じですね。何か質問がなければ終わりです」。この間、わずか2~3分だ。検診が終わったのが10時。10時半から食事を摂って1時まで自由時間。そして、1時からの結果報告が2~3分。何か愛想がないね。

 ところで、今回の人間ドックで思わぬ出会いがあった。先の参院選で当選したN君との久しぶりの再会だった。「おめでとう。よかったね」「本当にお世話になりました」で始まり、近況報告まで。

 会社の人事で、「あの人は〇〇へ異動したんだって?」「先輩、それってかなり前の話ですよ」「〇〇さんはどこそこの支社長だとか」「それももう古い話です」。二人して「ハハハ」。これでも昔は情報通として有名だったんだがねぇ…。世捨て歴は?…ん、もうかなり長いか。
a0120949_525767.jpg

by h-fuku101 | 2010-09-25 05:15 | Comments(0)

人間ドック


a0120949_5541373.jpg
 今日は年1回の人間ドックの日。だから、大好きなコーヒーが飲めないし、朝ごはんもダメ。あ~、腹減った!

 今回、肺がんドックをオプション追加した。送られてきた封筒にはいつもと違う容器が入ってる。「3日間の朝、痰(タン)を採ってください」と書かれていたが、困ったことに、本当に困ったことに、今はしぼり出しても痰が出ないのだ。タバコを吸っていたときには嫌というほど採れたのにねぇ。

 囲碁定例会のI君は、10月からのタバコ値上げに備え、10カートンも予約したらしい。ご苦労さん!

 朝6時に家を出る。病院には7時に着くから多分、一番だろう。早く終わって早くご飯を食べよっと。
a0120949_5573579.jpg

by h-fuku101 | 2010-09-24 05:58 | Comments(0)

小仏峠


a0120949_80227.jpg

山はすっかり秋。ススキが陽を受けて輝いていた



 奥高尾は、高尾山(599m) → 一丁平 → 小仏城山(670m) → 小仏峠 → 景信山(727m) → 陣馬山(857m)へと続く。

 地図を見ていて「不思議だなぁ」と思っていたのは小仏峠のことだった。普通、峠というのは、地形的には登り詰めて下っていく分岐点のことを言い、多くは高いところにある。だが、小仏峠は、小仏城山から下り、景信山に登っていく、いわば谷間にある。

 前回、これを調べるのも奥高尾を目指した目的の一つだったが、「相模湖方面」というきれいで大きな看板に誘惑されて間違ってしまった。

 昨日、小仏峠に設置されている案内板を見て納得できた。小仏峠は、奥高尾ルートを結ぶ峠ではなく、東京都と神奈川県を分ける存在だったのだ。

 道を東京側に降りた。いい登山道だ。途中から急に沢音が聞こえ、水飲み場もあった。露草、ヒキフネソウ、シュウカイドウ、ミズヒキ…などが満開状態だったが、小仏バス停のバスは平日ため1時間に1本。10分前に出たばかりだった。
a0120949_801775.jpg

左奥に道を取ると景信山から陣馬山へ。右が東京都だ


by h-fuku101 | 2010-09-23 08:06 | Comments(0)

ひどい!


a0120949_6445043.jpg 大阪地検特捜部の主任検事が被告から押収したデータを改ざんしたとして逮捕された。ひどい!

 朝のニュースでは、検事仲間が改ざんの事実を今年2月頃に知り、注意してトラブルにもなっていたとか。テレビインタビューを受けた一般市民の声ではないが、正義の味方が不正をすれば我々は一体、何を拠り所にすればいいんだ。

 一事が万事。我々平民にはとても知る由もないが、冤罪(えんざい)も多いのではないかと勘繰ってみたくもなる。

 こんなことを話しながら昨晩は虎ノ門界隈を男4人が徘徊していた。第2回定例会からの帰り道である。
a0120949_645368.jpg
 

by h-fuku101 | 2010-09-22 06:46 | Comments(0)

常泉寺


a0120949_755738.jpg
 あさぐさんが大和市にある花の寺「常泉寺」を紹介してくれたので行ってみた。小田急江ノ島線の高座渋谷駅から歩いてほどよい距離にある。

 昨日は、お彼岸の墓参りと花見物が重なった。それでなくてもあまり広くない庭に所狭しと石仏や置物が並べられているものだから、人口密度は相当高かったろうと想像する。

 このお寺の名物の一つが彼岸花だが、よく訪れる人なのか、「あと1週間だなぁ」と話し合っていた。夏が暑過ぎたせいか、少し遅れているようだ。

 それにしても不思議なのは、彼岸花はカレンダーを持っているんじゃないか、と思えるほど正確に春・秋のお彼岸に合わせて花を咲かせてくれる。ん~、世界七不思議の一つに加えてもいいんじゃないか。
a0120949_7610100.jpg

a0120949_764457.jpg

a0120949_765730.jpg

これはサワギキョウ
a0120949_771277.jpg

昨晩遅くまで調べたが時間切れで名前不詳
a0120949_7103189.jpg

ホトトギスの一種か?


 

by h-fuku101 | 2010-09-21 07:14 | Comments(0)

十二湖


a0120949_8173251.jpg
 秋田担当のF君が「せっかくここまで来たんですから、明日は少し足を伸ばして青池まで行きましょう」と誘ってくれた。実は、F君は大館勤務とばかり思っていたが、盛岡から来たと言う。車で片道2時間近くかかる。

 「青池?」 分からないままに車に乗り込んだが、内陸からドンドン日本海に向かっていく。能代を過ぎた頃から「もしかして十二湖?」と思い始めた。十二湖と言えば、是非行って見たい五能線の旅の一つではないか!

 道路の右に左に線路が見える。五能線だ。道の駅では白神山系からの湧き水も飲める。もう旅気分全開!

 国道101号線を右折してすぐ湖が見え始める。12どころではないようだが、多くの湖の色が緑っぽいのに青池は透明で、しかもコバルト・ブルーに輝いている。すごい! F君「以前来たときは落葉がなく湖底まで見通せたんですが…」。いえいえ十分です。ここはもう青森県だ。

 大館から十二湖まで約2時間。ってことは…? F君には帰路、日本海から太平洋までの運転をさせることになってしまった。
a0120949_818438.jpg

by h-fuku101 | 2010-09-20 08:20 | Comments(2)