老いる

a0120949_710406.jpg
 老いるとはこういうことか。最近、つくづく実感するようになった。

 昔の友人などは今でも苗字から名前までフルに覚えているが、5分前に会った人の名前は全然、覚えられない。あれだけ何事にも積極的だった男が、最近はすっかり腰が引けている。

 先日、小銭入れを落とした。お釣りを受け取って小銭入れにしまい、店の前で、別の店で買ったものと一つにして整理。そのとき、手に持っていた小銭入れへの意識がなくなっていた。落としたことにも気づかない。

 昨日、スーパーで買い物をした。買った商品のうち一つがない。冷蔵庫に入れるときは全然気づかず、わかったのは何と3時間も後のことだ。エコバッグに移し変えるときに入れ忘れたらしい。

 見事なまでに物事への注意力がなくなっている。さびしいがこれが現実だ。「おやじの独り言」をいっそ「老い日記」へとでも改題しようかと思う。
a0120949_7105318.jpg

by h-fuku101 | 2011-07-30 07:11 | Comments(0)

どんより気分

a0120949_6143223.jpg
 どうにもはっきりしない天気が続いている。

 「ここに行きたい」という、はっきりした行き先は決まっていないが、どこかに行きたいのに連日、この天気だから出掛けられずにいる。ちょうどここ数日の天気のように気持ちはどんよりとしたままだ。

 最近、何事にも積極性がなくなった。困った傾向だ。

by h-fuku101 | 2011-07-29 06:15 | Comments(0)

雲(くも)

a0120949_5543060.jpg
 月曜日は朝9時半の開園と同時に昭和記念公園に入園し、結局、2時ごろまでいた。

 ひまわり畑ではカメラおやじ同士が語らい、こもれびの丘ではコスモス畑作りに精を出しておられる業者の方と話し込んでいた。とにかく時間がアッという間に過ぎてしまう。

 空を見上げるといい雲が出始めていた。

 火曜、水曜は閑中忙あり。サンデー毎日のおやじは、ひまそうに見えて、これでも忙しいのだ~。
a0120949_5544128.jpg
a0120949_5545115.jpg
a0120949_555230.jpg
a0120949_5551238.jpg
a0120949_5552233.jpg


 

by h-fuku101 | 2011-07-28 06:04 | Comments(0)

思いがけぬ再会

a0120949_554166.jpg
 最近、偶然の出会いや再会は人ではなく、花たちであることが多い。

 去年がレンゲショウマ、そして、ことしはスズランがそうだった。そのレンゲショウマと昭和記念公園で思いがけぬ再会を果たした。

 花木園で開かれているトンボの写真展を観て玄関を出たところにいた。 「えっ、まさか!!」。花の数こそまだまだ少なかったが、いゃぁ、うれしかったのなんの。

 次は御岳山で会おう。
a0120949_5543059.jpg

by h-fuku101 | 2011-07-27 05:58 | Comments(0)

ひまわり

a0120949_5225822.jpg
 日曜日、買い物帰りに近所を回ってみた。ひまわりが大きく育っていた。

 「ひまわり畑で有名なところがあったんだけど、どこだったっけ?」。光景は見事なほど頭のなかに再現されているのに、肝心の駅が思い出せない。情けない。

 月曜日朝9時半。昭和記念公園のゲートは水を求める小学生や中学生、バーベキューを楽しもうとする大学生などが列を成している。「あぁ、もう夏休みに入ったんだなぁ」。こちらはひたすらひまわりを追い求めた。
a0120949_5231229.jpg
a0120949_5233589.jpg


 

by h-fuku101 | 2011-07-26 05:24 | Comments(0)

ハス

a0120949_619167.jpg
 この夏、やっとハスの花を撮ることができた。場所は神代植物園だ。

 と言っても、これまでに府中郷土の森と町田の薬師池で花は見ていたが、台風の影響などで撮影は断念していた。神代植物園のハスも、だから時期的に少し遅かったかも知れない。

 植物園からの帰り、例によって手づくりケーキの店「Sam & Tom」に寄った。

 「前にお店の写真を撮らせてもらいましたよね。あの時のブログです」と記事を見てもらった。「まぁ、店の宣伝までしていただいて、ありがとうございます。うちは愛犬の写真をただパチパチと撮ってるだけなんです」と、アルバムを見せていただいた。すっかり顔なじみのお店になった。
a0120949_6191869.jpg
a0120949_6192776.jpg



 

 

by h-fuku101 | 2011-07-25 06:20 | Comments(0)

人形の家

a0120949_6383557.jpg ♪♪~青い眼をしたお人形は アメリカ生まれのセルロイド~♪♪
  
 横浜は幕末以来、外国との接点になった町だ。そのせいか山下公園の前に「横浜人形の家」があった。

 受付の女性に「館内は写真を撮っていいですか?」と聞くと、「どうぞどうぞ、いっぱい撮っていってください」とのこと。なかは日本人形はもちろん、世界各国の人形であふれ返っていた。

 「あれっ? どこかで見た人形だなぁ」。それもそのはずで、毎年、郵便局が出していたお年玉年賀切手のモデルになった干支(えと)の動物人形たちだった。

 ♪♪~赤い靴はいてた女の子 異人さんに連れられて行っちゃった~♪♪

 童謡「青い眼をしたお人形」も「赤い靴」も野口雨情作詞、本居長世作曲だった。
a0120949_6404532.jpg
a0120949_6405778.jpg
a0120949_641646.jpg
これは外国切手のモデルになった人形



 

by h-fuku101 | 2011-07-24 06:42 | Comments(0)

横浜

a0120949_5544025.jpg
 姉たちとの食事は午後6時半から。「久しぶりに横浜の町を散策しようか」と朝、家を出た。

 横浜。知っているようで知らない。「え~と、これまでに行ったのは…?」。今回は ”初めて” を訪ね歩くことにした。

 正午。横浜港をクルージングするマリンルージュに乗った。海から横浜の町を見るのも初めてのこと。台風の影響だろうか、海は結構うねっていたが、食事をしながらの90分間は優雅で贅沢な時間になった。

 港のみえる丘公園や外国人墓地に登ったのも初めてだ。ここ山手はイギリス館やイタリア大使の家、教会などが立ち並ぶ異次元の世界が展開する。うん、なかなかいい。
a0120949_555168.jpg
a0120949_5551364.jpg
a0120949_5552326.jpg
a0120949_5554010.jpg
a0120949_5555659.jpg


  

 

イギリス館

by h-fuku101 | 2011-07-23 06:30 | Comments(0)

芙蓉(フヨウ)

a0120949_6323223.jpg
 アオイ科の花が最盛期を迎えている。ハイビスカス、ゼニアオイ、タチアオイ、オクラ、姫フヨウ、ケナフ、ムクゲなど、みんなアオイ科だ。

 家の前にある老人福祉センターには酔芙蓉が大輪の花を咲かせ、裏の旧家では見事な赤芙蓉を見ることができる。

 芙蓉は朝、花を付け、夕方にはしぼむ一日花だが、面白いのは酔芙蓉。咲き始めは白く、次第に赤みが差していく。一日で白から紅色に変わる様子を酒に酔ったように見立てたらしい。

 芙蓉の花言葉は「繊細な美」「しとやか」だとか。芙蓉といい、ムクゲといい、なかなかいい花だ。

 (現実に戻り)さあ、今夜は二人の姉と横浜中華街で食事会だ。いざ出陣!
a0120949_6324611.jpg
a0120949_6325376.jpg

by h-fuku101 | 2011-07-22 06:34 | Comments(0)

a0120949_6331249.jpg
 8人兄弟も今や5人。姉3人と男2人だ。この秋、伊勢から鳥羽を旅行する計画が目下、兄夫婦の手で進められている。

 3人の姉のうち2人が東京に来た。何でも孫の引越し準備らしいが、もう1人の姉はスカイツリー見たさに引越し準備に便乗したようだ。この “金魚の〇〇” のような姉は「余命7000日」と、顔を見るたびに叫んでいる。この「7000日」はいつ会っても同じ。全然減らない。そう言えば、昔から数字には弱かった。

 聞くと、今夜、船に乗ってスカイツリーを見学するようだ。さて、台風の影響もある。船は出るんだろうか? 何よりスカイツリーはもうライトアップしてるんだろうか? 昨日、但馬屋でコーヒーを飲みながらそんな心配を口にすると、「男は悲観的でいかん」と叱られた。

 この姉たちなら横十間川にボートを浮かべ、懐中電灯でスカイツリーを照らすくらいはやりかねない。

 

by h-fuku101 | 2011-07-21 06:33 | Comments(0)