日向薬師の人たち

a0120949_1622269.jpg
 土曜日。伊勢原駅北口発日向薬師行きバスの始発は6時35分発。「それじゃぁちょっと早過ぎるかな」と第二始発の7時5分発に乗る。座席はすでに満席。3~4人が立つことになったが、さすがに彼岸花の満開が近づくと人の出足は早い。

 目の前の田では、すでに刈り取られた稲の脱穀が始まっている。向こうの田では、おばさんが干してある稲に掛けたネットをはずしている。そして、トラクターに乗ったおじさんは、畑作業の準備だろうか、土の掘り起こしに余念がない。

 あぜ道や主要道路はカメラを抱えた人、人、人…。だが、その横では日向薬師の人たちの普段どおりの生活が続いている。

日向薬師の彼岸花は目下、5分咲き。
a0120949_1622242.jpg
a0120949_16223863.jpg
a0120949_16225031.jpg
a0120949_1623383.jpg
a0120949_16231245.jpg
a0120949_16241249.jpg

by h-fuku101 | 2012-09-29 16:24 | Comments(0)

アルツハイマーを防ごう Vol.2

a0120949_5544656.jpg

夏にはホタルが飛び交う生田の森は散歩を楽しむ人も多い


 健康体からアルツハイマーに移行する間にある “軽度認知症” 。放置すれば確実に5年以内でアルツハイマーになる。昨日は、①料理、②30分以内の昼寝、③適度の有酸素運動――が、かなりの確率で健康体に戻してくれるという話しでブログを終えた。

 では、料理。「今夜のおかずは何にしよう?」「食材は?」「どの野菜をどの程度使えばいい?」「調味料の加減は?」…。こういったことを考えることが脳の働きを回復するのにいいらしい。

 「ためしてガッテン」が終わって民放にチャンネルを切り替えた。折よく、某社の「もやしだけで簡単に調理できます」というコマーシャルが流れていた。

 電卓で暗算能力が下がり、携帯電話で電話番号を覚えなくなり、ワープロで漢字が書けなくなり、ゲームで幼稚年齢の高齢化を招き、そして、手間を掛けなくても料理ができる世の中。“便利さ”という名の “楽” を手にしたかも知れないが、人間が本来持つ、そして、育つはずの能力をドンドンと失っている。
a0120949_5551026.jpg
a0120949_5551650.jpg

by h-fuku101 | 2012-09-28 06:00 | Comments(0)

アルツハイマーを防ごう

a0120949_701616.jpg

民家園には山里を彷彿とさせる風景があちこちに


 NHKの「ためしてガッテン」。いつも見るとはなしに見ている。昨夜のテーマはアルツハイマーだった。

 仕組みはこうだ。

 脳で作られる老廃物アミロイドβが数十年かけて脳に溜まり、脳細胞破壊の元凶になる。もちろん、このアミロイドβを掃除する酵素がいる。だが、この酵素の本来業務はインスリンの調整で、アミロイドβの掃除はいわば副業的なものだ。

 ところが、高血糖や糖尿病でインスリンが常態的に多くなると酵素はその調整にかかり切りになり、アミロイドβには手が回らない。糖尿病の人にアルツハイマーが多い理由がここにある。

 健康体からアルツハイマーに移る間に軽度認知症の時期があるが、このときに放置すると5年以内で確実にアルツハイマーになるらしい。料理、30分以内の昼寝、そして、有酸素運動がこの進行を止め、健康体に戻してくれるという。

 若年アルツハイマーも多いと聞く。適度な運動は、歳に関係なく欠かしてはいけない。
a0120949_702952.jpg
a0120949_705234.jpg

30日は仲秋の名月だ。となると、やっぱりすすきがいい!


a0120949_71477.jpg
a0120949_71964.jpg

by h-fuku101 | 2012-09-27 07:13 | Comments(0)

富士フォトギャラリーから

a0120949_624926.jpg
 京王線柴崎駅から10分足らずのところに富士フォトギャラリー調布がある。この調布ギャラリーで今、「米 美知子写真教室」に通う人たちの写真展が開かれている。

 一言、「すごい!」。とてもアマチュアとは思えない作品ばかりだ。作品の良し悪しもさることながら、写真にひたむきに、真剣に取り組む姿勢が観ているこちらを圧するような勢いで伝わってくる。

 観る前は、気持ちのどこかに “上から目線” で建物に入る自分がいたようだ。一作目から衝撃を受けたおやじ。あとは自分自身の写真と比較することすら憚(はばか)られ、恥ずかしい気持ちを抱えつつ50点近い作品を観て回るハメに。

 昔、裏の池で魚釣りをし、「俺もうまくなった」と思って行った釣り堀。そこで完膚なきまでに叩きのめされた想い出が久しぶりによみがえった。

 もっとまじめに取り組まなければ…。
a0120949_6244222.jpg

by h-fuku101 | 2012-09-26 06:25 | Comments(0)

谷根千歩き

a0120949_6591210.jpg
 根津や千駄木あたりが「谷・根・千(やねせん)」と呼ばれるようになって久しい。

 外国人旅行者の人気も高く、マスコミにもよく取り上げられたことから、特に夕焼けダンダンのある「ひぐらしの里~谷中ぎんざ~」辺りは今でも多くの人が散策している。

 ただ、うれしいことに歩いている人たちの平均年齢は高い。だから、人が多い割に町が落ち着いているように感じられるからおもしろい。

 根津~千駄木~谷中~日暮里を歩くつもりだったが、どこかで道をまちがえたようだ。孫守りをしていたおばさんに教えられた道をたどると、なんと駒込駅に出ていた。

 谷・根・千が文京区、台東区、荒川区、北区の境界近くにあることを知り、駒込駅を初めて利用した2時間散歩だった。
a0120949_6594080.jpg
a0120949_659448.jpg


 

by h-fuku101 | 2012-09-25 07:02 | Comments(0)

新横綱、誕生!

a0120949_615589.jpg
 それにしても昨日の白鵬 vs 日馬富士戦はすごかった。緊張したし力も入った。死力を尽くす戦いというのは昨日の相撲のようなことを言うんだろう。

 戦った二人は土俵に倒れたまましばらく動けなかった。とりわけ日馬富士は、「勝ったぁ」という思いと、「15日間、よく戦った」という感慨に浸っていたのかも知れないし、もしかしたら、「横綱という最高位をやっと手にした」という喜びをも噛みしめていたのかも知れない。

 日馬富士の横綱昇進は満場一致で決まるだろう。これで一人横綱から二人横綱へと変わる。白鵬一人の肩にかかっていた “重責” を二人で分かち合い、互いにより相撲に専念できるようになればいい。

 面白い相撲がまた戻って来ている。

 

 

by h-fuku101 | 2012-09-24 06:16 | Comments(0)

巨人、優勝!

a0120949_523168.jpg
 巨人が、2012年度セ・リーグのペナント・レースを3年ぶりに制した。巨人ファンのみなさん、よかったね。おめでとう!。

 それにしても今年の巨人は強かった。

 開幕後こそどん底の借金生活を味わったが、交流戦優勝以降はまさに “天上天下唯我独尊” 状態 。二位の中日も、持前を発揮して、結構 “負けない” 試合をしているのだが、それでも追いつけなかった。

 広島ファンには申し訳ないが、これでセ・リーグCSは巨人、中日、ヤクルトで決まり! それはいいんだが、ヤクルトも借金生活。それでもCSに出場する資格はあるのかね。ちょっとおかしいんじゃないの?

 さて、おもしろいのはパ・リーグ。一体どういう結末を迎えるのかなぁ?
a0120949_523996.jpg
a0120949_532161.jpg
a0120949_5345.jpg

by h-fuku101 | 2012-09-22 05:05 | Comments(0)

あぁ、団塊の世代

a0120949_6391542.jpg
 「団塊の世代」のうち1947年(昭和22年)生まれが65歳を迎えたことで、65歳以上の高齢者は前年比102万人増の3074万人と、初めて3000万人を突破したという。総人口に占める割合も0.8ポイント増の24.1%で、過去最高を更新したとも。来年以降、48年、49年組が参入してくるから、総人口に占める割合が26%に肉薄し、過去最高を更新することは間違いない。

 と、まあ、新聞・テレビでニュースになったことを取り上げたが、当の「団塊世代組」からすれば「何を今さら」で、こんな数字は生まれたときからずっとつきまとっている。

 「団塊の世代」。とにかく人間が多い。

 学校によって多少、事情は違うが、おやじの小学生時代は1クラスが63人で15クラスまで、これでざっと1000人。これが3年間、かたまりになって動くから、3学年で3000人だ。

 この世代が入学する時代に新設された学校がやたら多いのも無理はない。

 さて、今の小学校。「全校で1000人にも満たない」なんてことはないかなぁ?
a0120949_6394397.jpg
a0120949_6393478.jpg

by h-fuku101 | 2012-09-21 06:43 | Comments(2)

大相撲秋場所

a0120949_6252993.jpg やっぱり相撲が面白い。

 子供のころ、「何回も行ったり来たりしないで、早く取ったらいいのに…」と思っていた仕切りも、数を重ねるごとに気持ちの高ぶりが伝わるようになり、何とも言えないものがある。

 先々場所優勝した旭天鵬は、先場所は大きく負け越したのに、今場所はまだ1敗。実にアップダウンが激しい。白鵬は栃煌山相手に痛い負けを喫した。日馬富士は俄然、やる気が増しただろう。ベテランの安美錦は十分に味を出しているし、関脇・妙義龍は早くも今日の白鵬戦に意欲を見せている。

 相撲も囲碁もその人の性格がよくわかる。負けてもいいからいい相撲を取ろうとする人、目先の1勝にこだわる人、正攻法にこだわる人と思いもしない勝負手を仕掛けてくる人…。

 そうか、勝負の形こそ違え、やってるのは人間か。
a0120949_626391.jpg
a0120949_6261244.jpg

by h-fuku101 | 2012-09-20 06:26 | Comments(0)

暗雲

a0120949_431277.jpg
 このところ気流不安定な日が続いている。近畿、東海地方での集中豪雨をはじめ、関東でも思いがけない雨に見舞われることがある。

 敬老の日は日向薬師から東丹沢を走ったが、晴れていたかと思うとにわかに暗雲が立ち込め、滝のような雨が地上を襲う事態に数多く遭遇した。

 暗雲といえば日本は今、国内外ともに、きな臭い雲に覆われている。

 政治的なことは意図的に触れないようにしているが、国民の安全・安心を確保することが政治の最優先課題。中国で繰り広げられているデモは最早、政治的な範疇(はんちゅう)を超え、略奪や暴行、傷害、破壊を伴う犯罪行為にまで発展している。

 韓国との竹島問題、北朝鮮との拉致問題もある。首のすげ替えといった “お家の事情” に心奪われ、時を費やしている場合ではなかろう。

by h-fuku101 | 2012-09-19 04:34 | Comments(0)