なでしこ、欧州遠征終える

a0120949_3331783.jpg
 なでしこの欧州遠征締めくくりは対ドイツ戦。試合は2対4で負けたが、世界ランク2位のドイツが前ががりの攻撃体制に入ったときはまるで重戦車軍団が押し寄せるかのような迫力があり、止めるのが大変だ。

 確かに、なでしこには欧州遠征の疲れがあったかも知れないが、ボールへの寄せ、スピード、パワー、パスワーク、決定力のどれを取ってもドイツの方が一枚上なのは否めない。

 半世紀前の記憶がよみがえった。

 サッカーは足を使うスポーツ。だが、その足に体重が乗っていないプレーは不思議なくらい相手にボールが渡ってしまう。気持ちが受け身になったときはなおさらだ。前半の中盤以降に見せた高い位置での攻撃的な守備が今のなでしこには求められよう。

 アップした写真は箱根湿生花園からの風景3題。
a0120949_3332467.jpg
a0120949_3334660.jpg

 

 

by h-fuku101 | 2013-06-30 03:37 | Comments(0)

オカトラノオ(丘虎の尾)

a0120949_4195623.jpg
 急に車で走りたくなった。前から気になっていたのは箱根「アジサイの道」だ。登山鉄道とアジサイとのコラボも捨てがたいが両者はいわば “表と裏” 。両方となるといささか欲が深いだろう。

 御殿場から仙石原へ向かう。しばらくして「アジサイの道」がはじまるが車を停めるスペースがない。早々に写真撮影はあきらめ、自分の目だけで楽しむことにする。

 箱根湿生花園に入る。

 今の時期、ミズバショウは終わっているし、ニッコウキスゲにはまだ早い。と、オカトラノオなる花が飛び込んできた。ファインダーを通すときれいだ、実にきれいだ。

 オカトラノオはサクラソウの仲間だという。花言葉は「忠実」「貞操」。花の時期が終わると葉が美しく紅葉し、クサモミジとして茶花に用いられることが多いともいう。

 またいい花と出会えた。
a0120949_4191728.jpg
a0120949_4203452.jpg

by h-fuku101 | 2013-06-29 04:21 | Comments(0)

リニューアル・レンズ

a0120949_7132073.jpg
 朝4時前から7時前まで、丸々3時間のサッカー観戦が今、終わった。

 90分をフルに戦い、延長30分も無得点。結局はPK合戦でスペインがイタリアを破って決勝進出を決めた。それにしても、イタリアの日本戦での3失点はなんだったんだ!? 日本の決定力? とんでもない。イタリアの “上から目線” による油断以外の何ものでもない。相手が強敵だとわかっている試合は、その “入り” からして守備の意識が違う。

 帰阪前に壊していたレンズの修理が終わった。昨日、受け取りを兼ねて西新宿を散策したが、まるで秋のような空気といい雲が浮かぶ青空。実に気持ちのいい散歩となった。

 さて、リニューアル・レンズを提げて、きょうはどこに行こうか…?
a0120949_7135989.jpg
a0120949_7134040.jpg

by h-fuku101 | 2013-06-28 07:14 | Comments(0)

食い気おやじ

a0120949_6244882.jpg
 コンフェデ杯準決勝の第1試合、ブラジルvs ウルグアイ戦が今、終わった。ブラジルが2対1で制して決勝進出を果たしたが、昨夜のなでしこジャパンに引き続いての試合観戦。今朝はさすがに眠い。

 きのうは終日、雨。

 早々に「きょうはどこへも出掛けないぞ」と決め、1年ぶりに新しょうがを漬ける。薄く皮を剥(は)ぎ、スライスしてサッと湯にくぐらせる。粗熱を取るのに少し時間がかかるが、やる気さえ起こせば実働時間はものの15分もあればいい。

 夜のおかずはよく出汁(だし)を吸った高野豆腐に新レンコンのきんぴら。玉ねぎとジャガイモの味噌汁を添えていっただきま~す。さて、今夜は、首を長くして待った蓬莱の豚まんと焼売が届く。
a0120949_6371536.jpg
a0120949_6364278.jpg


 

by h-fuku101 | 2013-06-27 06:30 | Comments(0)

隣の花は…

a0120949_453378.jpg
 昭和記念公園の渓流広場にラーメンやカレーライス、焼きそばなどの軽食を出す店がある。公園に来たときは3回に1回くらい顔を出し、顔なじみになった店員さんと2言3言、言葉を交わすことがある。

 今、この店の前は大きなねむの木が花を付け、紫色のアジサイがきれいに咲いている。春はチューリップのオンパレードだし、ムラサキハナナや椿もにぎわいを加えてくれる。3月からは隣に芝生公園が整備され、雰囲気も大きく変わった。

 「ここは最高の職場環境ですね」。

 なじみの店員さんに声を掛けてみた。

 期待した答えは、「そうなんです。花も緑もいっぱいで、仕事をしていても爽快な気分になるんですよ」。

 ところが、豈(あに)はからんや、「いいえ。ほかの店には暖房も冷房もあるんですが、ここは何もない最悪の環境なんですよ。特に、夏は暑くて汗びっしょりになって…」。

 いやいや何事も外から見るのと内から見るのとでは大違い。隣の花は赤いって奴ですかなぁ。
a0120949_572266.jpg
a0120949_4543741.jpg
a0120949_5112655.jpg

花木園前はアジサイ広場。群生したアナベルがきれいだ


by h-fuku101 | 2013-06-26 05:14 | Comments(0)

ねむの木

a0120949_6235634.jpg
 ~♪♪ 紅い夕陽が ガードを染めて
     ビルの向うに 沈んだら
     街にゃネオンの 花が咲く
     俺ら貧しい 靴みがき
      ああ夜になっても 帰れない ♪♪~

 ねむの花が咲くと、なぜか宮城まり子さんが歌った「ガード下の靴磨き」を思い出し、口ずさんでいる。多分、おやじの思考回路には、「宮城まり子~ガード下の靴磨き~ねむの木学園」と強烈にインプットされているんだろう。

 宮城さんをテレビ以外では見たことがない。だから、昭和30年代から40年代のことだろう。靴磨き少年に扮し、顔に靴墨をつけた宮城さんが ~♪♪ あ~か~い夕陽が ガードをそめて~ ♪♪~ と歌いだすと目はテレビに釘づけ、もう周りが見えなくなっていた。

 「近頃、見ないなぁ」と思ってたら、いつの間にか「ねむの木学園の園長さん」。その転身ぶりもお見事だったが、子供心にも、えくぼと笑顔が魅力的な “すごい人” だった。

 こんなことを考えながら、昭和記念公園を久しぶりに歩いた。
a0120949_6243021.jpg
a0120949_6242682.jpg


 

 

by h-fuku101 | 2013-06-25 06:35 | Comments(0)

日本、世界基準との差は ”2子”

a0120949_6454114.jpg
 今、コンフェデ杯Bリーグ予選が終わり、決勝トーナメント進出はブラジル、ウルグアイ、スペイン、イタリアの4か国に決まった。日本はメキシコとの試合にも負け、3戦全敗で全日程を終えた。

 ところで、今回の大会で、日本は決定力、守備力、球際、フィジカル面など、サッカーを構成するすべての面で世界基準との間に差があることがはっきりした。囲碁のハンディでは “2子” 。プロになり立ての棋士が、練習碁で一流棋士に打ってもらうときのハンディとほぼ同じだと思えばいい。

 この差は大きい。

 今、世界基準にあるのは、欧州ではスペイン、ドイツ、イングランド、クロアチア、イタリア、オランダなど。南米ではブラジル、アルゼンチン、ウルグアイなどか。

 第2層にフランス、ポルトガル、チェコ、ロシア、メキシコ、コロンビアなどがつづき、第3層に日本、韓国、ナイジェリア、アメリカなどがある。

 あと1年でブラジルW杯がはじまる。「木端(こっぱ)集めの柴(しば)失い」という言葉もある。コツコツ貯めた得点をガバーと吐き出すように失点してはたまるまい。残された1年、世界水準との差を少しでも縮める努力を期待したい。
a0120949_6455348.jpg
a0120949_646119.jpg

by h-fuku101 | 2013-06-24 06:50 | Comments(0)

雨とアジサイ

a0120949_5173677.jpg
 夜来の雨が上がり、今朝は気持ちいいくらいの青空が広がっている。朝日が、向かいの家の屋根や壁に燦々と降りそそぎ、今が梅雨のさ中だということすら忘れてしまいそうだ。

 2日つづけて雨模様の神代植物公園を歩いた。

 バラが満開だった頃の喧騒はなく、聞こえてくるのはただ、鳥のさえずりだけ。小雨に煙る公園もなかなかいいものだ。

 早くから花々を追いかけ過ぎているようだ。「アップするのがアジサイばかりってのもなぁ」といつしか避けるようになってしまったアジサイだが、巷(ちまた)ではまだまだ見頃がつづいているようだ。

 雨とアジサイ。やっぱりいいものだ。 
a0120949_5185150.jpg
a0120949_5192239.jpg
a0120949_520165.jpg
a0120949_522699.jpg
a0120949_523124.jpg

by h-fuku101 | 2013-06-22 05:23 | Comments(0)

コンフェデ杯 終わる

a0120949_6202830.jpg
 勝ち切ることって、こんなにもむずかしいことなのか…。

 立ち上がりからイタリアを攻め続け2点をリードした日本。だが、前半終了間際に1点を返されたときはすぐ後に足音を聞くようで、追い上げられる脅迫観念に襲われた。

 後半早々、立て続けに2点を奪われ逆転。セットプレーから岡崎の頭でなんとか追いついたが、最後は、決定的な1点で突き放された。

 これがワールド・クラスの実力なんだろう。

 「よく頑張った」「健闘した」なんて言葉は負け犬の慰め。なんの意味もない。勝負事の、そんな基本的なことを思い知らされた試合でもあった。コンフェデ杯は見続けるが、日本の戦いは… 、終わった。
a0120949_6232438.jpg
a0120949_6241499.jpg

by h-fuku101 | 2013-06-21 06:26 | Comments(0)

ブラジル、快進撃!

a0120949_628893.jpg
 ブラジルのネイマール。どことなく虫の好かない奴だが、ただただ脱帽だ。

 コンフェデレーションズ・カップのブラジルvsメキシコ 戦がたった今、終わった。

 先日の日本戦に続いて試合開始直後、ネイマールが見事なボレーで先制点を挙げた。そして、後半のアディショナル・タイム…。メキシコ守備陣の間を一瞬のスピードで抜き去り、追加点をアシスト。まるで芸術作品を観ているようで、見事というしかない。

 このあと午前7時から日本vsイタリア戦が始まる。日本にはなんとしても勝ってもらわないと、早々に日本、メキシコの敗退が決まってしまう。頑張れ、ニッポン070.gif

 そして、夜は なでしこジャパンがニュージランドと戦う。連日、サッカー浸けの日々だ。
a0120949_6285984.jpg


 

 

by h-fuku101 | 2013-06-20 06:30 | Comments(0)