愛車、世代交代

a0120949_6234338.jpg
 長年、散歩の足になってくれた愛車にもとうとう別れを告げる日が来た。

 まだ走れると言えば走れるが、あまりひどいのも恥ずかしい。「何事も引き際が大事」は上村某氏にも聞いてもらいたいような話しだ。

 なにせ乗らない日はないくらい “大車輪” で活躍してくれた愛車。少し「ぎしっ!」 という音がするとCRE5-56の出場を促(うなが)すなど手入れにも努めてきた愛車。それだけに愛着は強い。

 代わりにやってきた愛車候補はチェーンがベルト式。注油は要らない。内装8段だが車体はかなり重い。ベルはハンドルへの埋め込み式。ヘッドライト、テールランプはソーラーパネル発電で、暗くなると自動でスイッチが入る。鍵をかけるとハンドルも固定。空気が少なくなるとランプが点灯して教えてくれる。

 単なる自転車が愛車になる条件は、一にも二にも “手入れ” 。その日をめざしてまた大切に乗りこなすことにしよう。
a0120949_6243133.jpg

by h-fuku101 | 2013-08-02 06:32 | Comments(0)

柿沼整鍼灸療院

a0120949_623434.jpg
 2~3週間前から左腕ひじあたりが腱鞘炎に罹(かか)ったように痛い。骨に原因があるようではない。こんなときに思い出すのが柿沼さんの鍼(はり)だ。

 柿沼さんは両国・回向院裏にあって、おやじと同じ歳の “超、超アナログ人間” 。 “時間=お金” なんて発想はなく、今どきめずらしいくらいにじっくりと治療してくれる。「きょうは時間はあるんですか?」「はいっ」。午後1時から始めた治療、終われば午後3時を過ぎていた。

 まず触診。ひじが痛いのに執拗に手をさわる。にぎらせるのではなく、手のひらを開け、指を反らせることを繰り返す。そして、まず左半身に鍼(はり)を打ち、終われば看護師の奥さんと二人してマッサージ。これで体幹のズレなどを完全に把握したようだ。

 柿沼さんを訪問したのは5~6年ぶり。予約電話をしたときは顔も思い出せないようだった。カルテも「見つからなかった」とか。それが…、それがだ。治療をはじめた途端、「少し太ったんじゃないですか?」。先生の手が患者を覚えている。

 朝起きる。腕の痛みが嘘のように消えている。
a0120949_6243644.jpg
a0120949_6244270.jpg


 

by h-fuku101 | 2013-08-01 06:31 | Comments(0)