スノーフレークと孫たち

a0120949_6301074.jpg

 神代植物公園バラ園とシャクナゲ・エリア近くに、毎年、スノーフレークがかわいい花を楽しませてくれる一画がある。3月になると、訪れるたびに発育状況を見て回る習慣がついた。

 緑色が濃い葉の長さが目安。前に行ったときはまだ20cmほどだった。「あと少しだなァ・・」と思ってから約10日、数輪がやっと花をつけてくれた。

 スノーフレーク。別名スズランスイセン(鈴蘭水仙)。和名はオオマツユキソウ(大待雪草)。もう少し早く咲くスノードロップや4月下旬から5月上旬にかけて咲くスズラン同様、大好きな花の一つだ。

 花言葉は純粋、汚れなき心、慈愛・・。

 ブログ作りにかかる少し前まで見ていた息子のFace-book。そこには孫の梓央(しお)と桜大(おうた)の並んで寝る姿がアップされていたが、その映像が花言葉と大きく重なって胸に落ち着いた。

a0120949_6344946.jpg


a0120949_635478.jpg

by h-fuku101 | 2017-03-31 06:46 | Comments(0)

輝きつづけるこぶし(辛夷)

a0120949_6261128.jpg

 こぶしの花が輝いている。

 昔、千昌夫さんが歌った「北国の春」でそんな花があることは知っていたが、タイトルのイメージが強く、北国にしか咲かない花だとばかり思っていた。それを初めて見たのは六義園(りくぎえん)。

 花になど関心の “か” もない頃だった。

 当時、追いかけていた岩崎弥太郎氏の消息を尋ねてたどり着いた六義園。門を入って左奥にひと際背が高く、真っ白な花をいっぱいにつけた木がそれだった。やっぱり輝いてい、昔から “北コン” (北国コンプレックス)だったおやじは、たちまち引きつけられた。以来、こぶしはいつも意識のなかに光り輝いている。

 それから、うん十年・・。ずっと追いつづけている。その花が今、目の前に輝いている。

a0120949_626413.jpg


a0120949_6265914.jpg


a0120949_6273265.jpg


 

by h-fuku101 | 2017-03-30 06:35 | Comments(0)

桜の季節の露払い

a0120949_965531.jpg

神代植物公園で、毎年1番早く花をつける枝垂れ


 あれも話したい、これも話したい。桜の花がほころび出すと気持ちまで高まるのか、頭のなかにある全てを語り尽くしたくなる。

 頭のなかには余計なことまで含めればいろいろ詰まっている。それと同じくらいに、今、公園にはたくさんの花が咲いている。モクレンしかりカタクリしかり、コブシも、ハナモモも、レンギョウも、ヒュウガミズキも、はたまた早くもシャクナゲまでが咲き出した。

 こう多くっちゃ何から話せばいいかわからない。

 まもなくソメイヨシノが見ごろを迎える。ここはその露払いとして神代曙(ジンダイアケボノ)、寒咲き大島、そして、一枝の枝垂れ桜に登場してもらおう。

a0120949_973018.jpg

寒咲き大島



a0120949_98086.jpg

神代曙はこの公園の固有種だ(下も)



a0120949_981685.jpg

by h-fuku101 | 2017-03-29 09:14 | Comments(0)

内憂外患の韓国

a0120949_934331.jpg

 朴クネ大統領が弾劾され、目下、ほぼ無政府状態に近い大韓民国。大好きな国の一つなのに、折に触れ、どうしてこんなに問題が多発するんだろう?

 確かに、かっとなりやすい人種であるのはまちがいない。社会全般の問題や政治には日本人以上に関心が高いのに、その実、専門性が伴う分野はあまり得意でない。歴代大統領は退任後、必ずと言っていいほど糾弾を受け、獄に繋がれることなどを繰り返している。

 韓(ハン)民族が “血縁” を重んじるのは確かだ。同じ「金氏」でも、安ドン金氏もいれば、〇〇金氏もいる。この「〇〇」が一族の出身地域。過去何代にも遡って法事などを執り行うことが今も続いている。だから、 “わが血縁” から大統領でも出れば大変。中にはバカな一族もいて、これ幸いとばかりに賄賂など喜んで享受する。

 今、中国では反韓運動が激しい。在中韓国人は食堂にも入れないし、企業もまた同じ。先日、こんな中国を舞台にロシアW杯第二次予選、韓国VS中国戦が行われた。完全アウェー以上の異常な状態。結果、1勝もしていない中国に “本命韓国” が敗れた。

 WBCでも第一本命の韓国は台湾とともに第一次予選で敗退。まさに四面楚歌、内憂外患の韓国、ここにありだ。一日も早く立ち直ることを祈る。

a0120949_9352239.jpg


a0120949_9353651.jpg


 

 

by h-fuku101 | 2017-03-28 09:36 | Comments(0)

愛息に長男誕生!

a0120949_1634689.jpg

 北風と太陽の噺(はなし)ではないが、午後2時を過ぎて太陽が顔を出し、その途端、それまでの凍えるような冷たさが “コロッ” と暖かくなった。

 うれしい報せもまた、太陽と同じように身も心も暖かくしてくれるもののようだ。昨26日午前0時35分、愛息:亨に待望の長男が誕生した。体重3320g、身長49cm、名前は時期もあり「桜大(おうた)」と名付けた。

 WBCで改めて日本の強さを認識し、W杯第二次予選ではUAEに完勝。そして、昨夜は新横綱:稀勢の里の大相撲史上に残る感動の優勝劇・・・。朗報も重なって我が家に届いてくれている。

 桜大よ、なんでもいい、とにかく元気に育っておくれ。

a0120949_1622476.jpg


a0120949_1625728.jpg


a0120949_163177.jpg


a0120949_164341.jpg

by h-fuku101 | 2017-03-27 16:06 | Comments(0)

“外出しない週” の予感

a0120949_6295032.jpg

 土・日は、2日続けて山歩きを楽しんだ。土曜日は生田の森で、日曜日は弘法山公園。海抜100mにも満たない生田の森を山とは呼べないかも知れないが、おかげで20日(月)は、 “腰の休養日” に充てることになった。

 ところが、21日(火)は終日、雨。近ごろにはない本格的な雨が朝から夕方まで降り続いた。そして、きょう。侍ジャパンの準決勝、対アメリカ戦が数時間後に始まる。

 アメリカは28人全員がメジャーリーガー。おまけに17人だかがオールスター戦にも選ばれる選手だというんだから恐れ入る。が、侍ジャパンのメンバーも、今や世界一の実力を持つ日本のオールスターの常連だ。誰が来ようが恐れることはない。ってことで、きょうも外出できない日、いや、外出しない日になりそうだ。

 あっ、侍ジャパンがきょう勝てば明日は決勝戦か・・・。どうやら今週は外出しない週になりそうな。そんな気がしてならない。

a0120949_6305926.jpg

by h-fuku101 | 2017-03-22 06:36 | Comments(0)

野仏の道

a0120949_6395064.jpg

 19日(日)、久しぶりに弘法山を訪ねる。

 「秦野の駅で太巻きを買い求めてっと。で、それを権現山のてっぺんで食べるっと」。これから歩く道をシュミレートしないで、家を出る前から考えるのは、ただただ “食生活” のことばかり。

 山は早くも春霞がかかり、富士山は影も形も見えない。大きく様変わりしているのは山に向かう人の数。「前を3人歩いているなぁ」と思い、振り向くと後にはまた2人。登り口には別の3人が準備体操の真っ最中。登山ブームの波はここにも押し寄せている。

 権現山のテーブルはすでに満員だ。 “団塊世代グループ” があちこちに車座になっているが、もう少しすると桜を楽しむ親子連れなども混じり、大賑わいの頂上広場になることだろう。

 鶴巻温泉まであと少しというところで、「野仏の道」という初めて見る案内板が目に入った。

 「よしっ、ここから降りていくか」。まだあまり人が歩いていないようで、秋に積もった落ち葉が色濃く残っている。途中にはみかん畑。情緒がある、なかなかにいい道だ。その先には昔からの住人と新興住宅に暮らす人とが微妙に入り混じる町が開けている。

a0120949_640277.jpg


a0120949_6404620.jpg


a0120949_641481.jpg


 

by h-fuku101 | 2017-03-21 06:46 | Comments(0)

シキミって?

a0120949_101879.jpg

 朝の光を受けてキラキラと金色に輝く花。「きれいだなぁ」と近寄り、幹に付けられた札で名前を確かめてみる。「ん? シキミ・・?」。

 大阪生まれのおやじになじみ深いのは、東京でいう “花輪” 。そう、お葬式のときに玄関や寺院の外に並べて故人とのお付き合いのほどを示す “しきみ” (一般的には “しきび” )がそれ。

 きれいな花には棘(とげ)がある、とは言うが、このシキミ、実(じつ)にやばい。枝にも花にも葉っぱにも、はたまた、実にも根っこにも毒性があり、特に、中華料理に使われる八角に似た実は「劇薬」扱いの指定を受けているとか。くわばら、くわばら。

 PCでシキミを調べ、「え~と、知らず知らず触ってなかったかなぁ?」と、多少の不安とともに振り返る。が、もはや手遅れ。公園でおにぎりもパンも食べたっけ?

 色気がなくなったおやじの楽しみは、ただただ食い気。「ご用心、ご用心」と、自戒を込めて言い聞かせている。

a0120949_1014221.jpg


a0120949_1015679.jpg

by h-fuku101 | 2017-03-18 10:04 | Comments(0)

渡瀬さんの訃報に接し

a0120949_7132693.jpg

 侍ジャパンがイスラエルを破り、全勝で準決勝進出を決めたと喜ぶところへ渡瀬さんの訃報が届いた。昼間帯に放映されるサスペンス物のほとんどに主演されている人だけに、ひと言で「知らない人」とは言い切れない。

 映像として人前に出る人は大変だ。疲れが顔に出、身体のバランスも崩れていただけに、「あゝ、ずいぶん歳を取られたなァ」と思っていた矢先のことだった。

 昔、 “その日の夜” に亡くなられた人と昼食をともにしたことがある。顔は黄色くムクミ、尋常じゃない。「Aさん、きょうは帰ってゆっくり休んだ方がいいですよ」と早々に別れ、その夜に届いた訃報。

 今、渡瀬さんとAさんの顔がダブって脳裡に浮かんでいる。ゆっくりお休みください。
                                                               合掌

a0120949_7142339.jpg


a0120949_7144443.jpg

by h-fuku101 | 2017-03-17 07:15 | Comments(0)

がんばれ、侍ジャパン! 第4弾

a0120949_6241998.jpg

不如帰(ホトトギス)


 いつからか花粉に敏感になっている。訳もわからずくしゃみや鼻水が出、目がシバシバ…。モルモットやウサギ、猫、ハウスダストなどに弱いアレルギー体質はなお、良くなることなく残っているようだ。

 けさは雨。寝起きから頭が、鼻が、そして目が、嘘のようにスッキリとしている。昔、「違いがわかる男の・・・」なんてコーヒーのCMがあったが、こうまで違うとおやじも花粉症薬のCMくらいには出てもいいように思う。

 大相撲春場所がはじまって以来、夕方からWBCの試合終了まで充実した時を過ごしている。

 きょうは、幸いなことに「雨のち曇り」の天気予報には「強い北風」付き。ウロウロと外をさ迷っていることはあるまい。さっさと買い物を済ませて、あとは自身の運動不足など顧みずひたすら部屋にこもって応援あるのみ、と。今夜の相手はイスラエル。オランダ相手に大敗しているだけに何がなんでもの気概でむかって来るだろう。

 がんばれ~、侍ジャパン!

a0120949_630565.jpg

鋸葉椿(ノコギリバツバキ)



a0120949_632886.jpg

菊更紗(きくさらさ)


by h-fuku101 | 2017-03-15 06:33 | Comments(0)