山歩きの必携品との出合い

a0120949_641193.jpg

 相変わらず歩いている。とは言え、頻度は2日に1回。毎日歩きたいが、無理は禁物だ。

 土曜日に歩いたコースは2時間ルート。隣駅からよみうりランドに登り、フルーツ・パーク、読売巨人軍寮、東海遊歩道などを経て裏山へと出る、自然の香り満載の “大好きコース” 。ただ、地面のあちこちに掘られた小さな穴とその周りにこんもりしている真新しい土が恐い。 “スズメバチ” だ。

 歩いて30分ほどで頭がフラフラしてきた。もちろん水は飲んでいる。コンビニに入って少し涼をもらい、「ウイダー in ゼリー」を購入する。錦織圭さんが試合中口にしているものと同じかどうかは知らないが、とにかくおやじが現役中には見たことも口にしたこともない代物(しろもの)。この歳にして初体験だ。

 ゼリーが口に入ってくる。「おっ、うまい!」。そして、数分・・。フラフラ感は消え、足にも力が戻って来た。「お~、これはいい!次から山に行くときは必携品にしよう」。世の中は、知らない間に進んでいるものだ。

a0120949_6414637.jpg


a0120949_642065.jpg


a0120949_6421214.jpg

※Photo by EOS-M

by h-fuku101 | 2017-07-31 06:49 | Comments(0)

頭の回路が狂ってる

a0120949_753080.jpg

 いつの間にか町がサルスベリとノウゼンカズラに溢れている。

 ずいぶん前、「浦島太郎っておとぎ話じゃなく、人間自身を語った実話だったんだ」のようなことを話したが、近ごろまた同じような考えが頭の中を行ったり来たりしている。時の流れって、過ぎてしまえば本当に早い。

 朝の生田緑地で一人のご婦人とあいさつを交わした。少し前をご主人が歩いておられる。病後なのか足が少し不自由なようだが、あいさつで返ってきた声に弱々しさなどは微塵もなく、ご主人と笑い合う声も大きく、屈託がない。ホンノリとあたたかく、むしろ清々しい。

 正の思考と負の思考・・。過去にとらわれるか、未来を見つめるかで考え方も心のあり様もずいぶん違うものなんだろう。

 ダメだ、思考回路が混乱している。世界水泳選手権とその後、朝方近くまで観たアフガニスタンのドキュメント。脳の容量を超える問題の大きさと深刻さで乱れた頭は、寝不足も相まって、当分回復しそうにない。

a0120949_79392.jpg


a0120949_791753.jpg


a0120949_7115581.jpg

※Photo by EOS-M 「散歩道のスナップ」から

by h-fuku101 | 2017-07-27 07:18 | Comments(0)

かぼちゃって、本当においしいね

a0120949_633087.jpg

 いゃぁ、かぼちゃって本当においしいものですなぁ。

 昔々、かぼちゃってのは「イモ、タコ、ナンキン」って言って、女性の大好物として、ややもすると男が食べるのが躊躇(ためら)われる食べ物だった。そう、遠~い昔。こんなにおいしいものを、あ~、知らなかった。

 おまけに栄養価もすごい。緑黄色野菜の代表格のかぼちゃはまずβカロテンが豊富。活性酸素を除去してくれるから病気や老化を防ぎ、余分なβカロテンはビタミン群に姿を変えてくれる。おまけに食物繊維も十分に摂れる。とにかくうれしい食材だ。

 ただ、難がある。それは、ときにベトッとした煮上がりになること。こうなると、なぜか騙されたような気にも、損をした気にもなる。「あ~、これを防ぐいい方法がないか?」。

 ありました、ありました。それを知って以来当たり外れなし。ホクホクとした、まっことおいしいかぼちゃを連日、食しておりまする。ただ、これを書くとスーパーなどの営業妨害になる可能性も・・。ダメだ、言いたい。「皮目の緑と果実の黄、この境目がくっきりしているものを選べばいい」。

a0120949_6335055.jpg


a0120949_6341738.jpg

by h-fuku101 | 2017-07-26 06:15 | Comments(0)

桃なら断然、一宮

a0120949_6171665.jpg

 「いいですか、李(すもも)はもいでも、すぐ食べちゃいけませんよ。一週間ほどしてからがおいしいんです。桃? 桃なら断然、一宮です」。これは桃の花を撮りにいったときに南アルプス市に住む人から教えられたこと。この人にはもう一度会いたいと思っている。

 グランドゴルフの県の副会長をしておられると聞いた。おやじが「川崎です」と言うと、「私は専修大OBです」とも話しておられた。畑仕事の手を止め、ん~、30分余も立ち話をしていたっけ。妙に惹きつけられる、魅力ある人だった。今はどうしておられるだろう?

 あの年以来、一宮御坂方面に行くと必ず立ち寄る桃の店ができた。人の良い、明るい雰囲気の店だ。
 
 「きょうはもいで行きます?」
 「いいえ、桃は採りません。その代わり写真を撮らせてください」
 「あゝ、それならいくらでもどうぞ、どうぞ」

 昨日、姉、兄たちから「お~い、着いたぞ」の電話が届いた。

a0120949_6173335.jpg

by h-fuku101 | 2017-07-25 06:21 | Comments(0)

下積翠で偶然見つけた棚田に釘づけ

a0120949_6301177.jpg

 甲府と言えば武田信玄公。恵林寺など由緒や所縁(ゆかり)のある寺院も多いが、武田神社はいわばその “本丸” 。信玄公の城と居住地だった「躑躅ヶ崎館」跡を、規模はずいぶん小さくなっただろうが、神社として残したんだろう。

 甲府駅からまっすぐ伸びる「武田通り」は参詣道。ずっと登っているが、なかなかいい道だ。朝8時半を前に神官、巫女たちがぞくぞくと本殿に足を運んで来られた。朝のお勤めがはじまるようだが、こちらまで気の引き締まる想いがする。

 武田神社の裏手に「積翠寺(せきすいじ)温泉」という文字を見つけた。前々から気になっていた「信玄公のかくれ湯」の一つだが、まさか武田神社の裏山にあるとは思わなかった。後学のために見ておこう。

 自然の要塞を彷彿とさせる山と集落。甲府市内を眼下に一望する、いい山里だ。バス停の名前は「下積翠(しもせきすい)」。ここで偶然見つけた棚田に目も足も釘づけにされ一歩も前に行けなくなってしまった。

 田にはミミズが住み、糸トンボが稲穂に卵を産み付けている。いい光景だ。

a0120949_648299.jpg


 

by h-fuku101 | 2017-07-24 06:31 | Comments(0)

明野町のひまわりを訪ねて

a0120949_9511131.jpg

 ここは山梨県北杜市明野町。ひまわりの便りに誘われてやってきた。

 北杜市にはよく来る方だと思う。大好きな山高神代桜で有名な実相寺も北杜市にあるし、なにをおいても忘れてはいけない甲斐駒ケ岳を一番の近場で見られるのもそうだ。ただ、明野町には初めてやってきた。

 明野町。近ごろはトマトで随分お世話になっている。13年ほど前の町村合併で旧北巨摩郡の7町村がいっしょになって生まれたのが北杜市で、明野町もその一つ。八ヶ岳に似た山容を持つ茅ヶ岳の麓(ふもと)にあり、隣には避暑地:清里がある。よく走っているはずなのに、どうやら明野だけは悪気なく、避けて通っていたようだ。

 八ヶ岳や甲斐駒ヶ岳を背景にひまわりを撮りたい。が、世の中思うようにはならない。八ヶ岳は終日、ずっと雲の陰だし、甲斐駒もまた同じ。日没寸前になってやっと姿を見せてくれた甲斐駒さん、ありがとう。

a0120949_9514154.jpg


a0120949_9521443.jpg

甲斐駒(右上)とコラボした逆光ひまわりがお気に入りの一枚



 

by h-fuku101 | 2017-07-23 10:04 | Comments(0)

え、人間が死なない!?

a0120949_8381381.jpg

 今月初めにやった健康診断の結果を聞きに駅前クリニックを訪ねた。診察は午前9時から。「長く待つのも嫌だ」と8時半に行ったが院内はすでに満員。結局1時間半待ちで「全然問題ありません」の結果にありついた。

 待合室にはテレビが置かれている。普段はめったに観ない番組が流れていて、あまり好きじゃないコメンテーターが医療、IT、細胞学の第一人者にインタビューした模様を伝えている。

 数年前、コンピュータが囲碁のプロに勝つには最低30年はかかるだろうと言われていた。が、10年もしない間に達成されてしまった。AI(人工知能)だ。特徴は、コンピュータ自身が経験値を踏まえて加速度的に進化するというもので、そのスピードは人間の比ではないという。

 「30年もすれば癌(がん)は治療するのではなく、り患する以前の状態に戻せるようになるでしょう。老いた細胞も同じ。つまり不老不死の世の中が生まれるかも、いや、生まれるでしょう」。

 その情景を思い描く。が、いくら考えてもわからない。「人間が老いず、しかも死なない・・?」。わかることはただ一つ、30年後のことは知らない、多分知らない、知らないだろう。

a0120949_837733.jpg


a0120949_8385285.jpg




 

by h-fuku101 | 2017-07-21 08:43 | Comments(0)

水と太陽を求めて=落日のそのあとで

a0120949_6171157.jpg

日没直後の西の空


 おやじの周りには、いつの間にか同じように夕陽を求める人たちが5~6人集まっていた。面白いもので、自然発生的に会話がはじまるが、クライマックスになると全員が無言。ホント面白いものだ。

 太陽が厚い雲の陰に沈んだ。その雲の陰にあるのも山。だから、いずれにしても五十歩百歩なんだが、それを機に居合わせた人たちが「じゃぁ、お先に失礼します」と帰りかける。

 “日の出前30分、日の入り後30分” はゴールデン・タイムだ。「騙されたと思って、もう30分間付き合ってみませんか?」。

 声はかけたものの、いつもいつもゴールデンになるとは限らない。これがむずかしい。でも、そこそこいい時間になったように思うが・・。それにしても、空ってホント、いろんな色に染まるもんだなぁ。

a0120949_6173184.jpg

気分をかえて南の空を見てみよう



a0120949_6191889.jpg

日没から10分ほど後には・・


by h-fuku101 | 2017-07-20 06:25 | Comments(0)

水と太陽を求めて=湘南の夕陽

a0120949_6131566.jpg

 立石公園の風光明媚さは江戸後期、歌川広重が描いた浮世絵「相州三浦秋谷の里」で一気に知られるようになったという。願わくば同じような構図で夕陽を狙いたいものだが、今は時期が悪い。

 葉山の御用邸を過ぎ、最適の地を探してさ迷う。

 「おっ、ここは前に来たことがあるぞ。確か、この店でシラスを買ったなぁ」。ところは葉山町の小さな漁港。突堤には釣り糸を垂らす人たちの姿が半鈴なりに連なり、西には江の島が望めるほどに近くなった。「これで富士山が見えてくれれば最高なんだがなぁ・・」。

 さぁ、時間にして3時間ほども佇(たたず)んでいただろうか。この間ずっと、潮を含んだ風が背後から吹きつづけていた。それもおやじの風上にいた人の帽子が飛ばされ、たばこの箱が独楽のように転がってくるほどの力で。

 残念だが、水平線に沈む夕陽はここからは見られない。

a0120949_8451365.jpg

ねぐらに帰るカモメが3羽、いい位置に収まってくれた



a0120949_6134033.jpg

落日


by h-fuku101 | 2017-07-19 06:30 | Comments(0)

水と太陽を求めて=久しぶりの立石公園

a0120949_8461277.jpg

 「暑い暑い」と家に籠っていても仕方ない。わかってはいても、 “夏大好き人間” と言って憚(はばか)らなかった昔と違い、やはりいっときほどの勢いはなくなった。当然、昔の栄光と現実のはざまで、連日、内なる不毛の戦いを繰り広げている。

 窓から見る日差し。「あ~、水辺では夕日がきれいだろうなぁ」。

 ところが、悲しいことに普段は海とは無縁の生活を送るおやじ。土地勘も基礎知識もまるでない。「え~い、とにかく行ってみてやれ!」と向かったのはかつて2~3度足を運んだことがある立石公園。さ~て、何年ぶりだろう?

 「もう夏休みははじまっているのかなぁ」と一応、確かめはした。が、なにせ “毎日が日曜” の悲しさ。その日が三連休の初日だとは思いも及ばず。渋滞の波にこそ飲まれはしなかったが、そこそこ交通量の多い道を走った。

a0120949_8504216.jpg

水に親しむ少年と・・



a0120949_850554.jpg

波を蹴立てて走る少年



a0120949_847574.jpg

by h-fuku101 | 2017-07-16 08:56 | Comments(0)