大田黒公園

a0120949_05585041.jpg

 JR荻窪駅から約10分、そこにテレビ朝日が紹介した大田黒公園があった。

 それにしてもマスコミというのはいいものだ。この大田黒公園が紹介されたのは「報道ステーション」の天気予報。時刻は夜の10時半頃ではなかったか? もちろん一般客の姿はなく、池面に写るキャスターの姿もくっきりときれいなものだった。

 そういえば一度だけそんな恩恵に預かったことがあったっけ。宇治の平等院がそうだった。旅行会社の企画で一般客の入場30分前に入り、夜景を謳歌したっけ。並んでいる人たちに申し訳ない気がしたことも、まだ片隅に残っている。

 先日の生田緑地。おやじが林道で写真を撮っているところへ近所の大学生たちが30人ほど・・。引率者が「10分で終わりますから」としか言わず、動こうともしない。多勢に無勢のおやじは仕方なく退散。上の話しと下の例は全然違うが、数の横暴はいけませんなぁ。

 あ~ぁ、けさもまた大きく脱線したまま終わるのかぁ・・。

a0120949_05593340.jpg


a0120949_05582531.jpg

# by h-fuku101 | 2017-12-05 06:24 | Comments(0)

井の頭恩賜公園にて

a0120949_06193131.jpg

 2回目の井の頭恩賜公園。前回は、わが廃屋からチャリンコで青息吐息の末にたどり着いたが、それもつい5~6年前の話し。思えば、精神的にまだまだ「なにくそ!」って反骨心があったんだねぇ。

 JR吉祥寺駅から公園につづく道は、両側にいろいろな店が並び、ちょうど日曜日の昼どきということもあって大混雑。混雑を楽しむ若さなどすでになく、すでに腰が引けているから嫌になる。

 橋のたもとに昔ながらの茶店を彷彿とさせる一軒の食堂。空腹を満たすために飛び込んだが、客は、これも相当の齢(よわい)を重ねたおやじさん一人。味噌おでん肴(さかな)に熱燗をチビリチビリと楽しんでおられる。注文はカレーライスと焼きそば。

 なにはともあれ元気が出た。望遠レンズ1本だけのカメラを提げて、池の周りをグルッと回ってみるとしよう。

a0120949_06194731.jpg


a0120949_06163396.jpg

# by h-fuku101 | 2017-12-04 06:27 | Comments(0)

晩秋色に包まれて

a0120949_08540371.jpg

 ここは川崎市緑化センター。おやじが住む駅からは二駅で、そこから徒歩5分と近場だが、まだ電車で行ったことはない。

 初春はニホンズイセンとサザンカ・ツバキ、春は二ケ領用水沿いに咲き乱れる桜とハナミズキ、初夏はアジサイと花菖蒲、そして、秋のモミジ・・。自慢の温室栽培も加わって四季折々に訪れる者の目を楽しませてくれる。

 案外知られていないのは晩秋色に染まる庭。落葉樹みんながまもなく葉を落とそうとする今が、一番いい。

a0120949_08555133.jpg


a0120949_09085832.jpg


a0120949_08561640.jpg


a0120949_08564356.jpg


a0120949_08580179.jpg

# by h-fuku101 | 2017-12-02 09:02 | Comments(0)

今、一番の季節(とき)

a0120949_06342473.jpg

 生田の森が今、1年で一番というほどの季節(とき)を迎えている。

 一昨日アップした「カエデの紅葉日?」では、「おやじが住む世界ではほぼ標準木通り(11月27日)のように思うが、また別の世界では少し遅れ気味だとか・・」と話したが、実はこれ、ちょっとした勇み足で、おやじの住む世界もまた「少し遅れ気味の世界」。相変わらずいい加減なヤロウだ。

 雨模様との予報に、「これなら人は少ないかも知れないな」と、またまた生田の森に入る。案の定、小学生の小団体を除いてこの時期にしてはガラガラ。幸い雨にも合わず、のんびりと紅葉を楽しんだ次第。

 カエデ、モミジ、ドウダンツツジ、ニシキギなどの赤、イチョウ、コナラなどの黄、サクラ、ハナミズキなどのピンク系、そして、メタセコイアの金・・。この色づきに小春日和の陽が差せば、きっと燃えるような色合いを見せることだろう。


a0120949_06362443.jpg


a0120949_06403743.jpg


a0120949_06421366.jpg


a0120949_06431655.jpg


a0120949_06434602.jpg














 

# by h-fuku101 | 2017-12-01 06:47 | Comments(0)

東西どこも人、人、人

a0120949_06270883.jpg

 生まれ故郷を35年余も離れると、例えば「紅葉の名所はどこか?」といったことさえ分からなくなる。

 一昨日のこと。3姉が「昼からタカシ(次男)の運転で紅葉を観に行ってくるわ」という。実は、おやじが今、一番知りたいことの一つが地元ならではの紅葉の名所。「どこに行くの?」「知らん」・・。これでは話しにならない。
 
 翌日、別の用事で姉に電話する。「昨日、どこ行ってきたん?」「あかん! どこ行っても人ばっかりでモミジ狩りどころやないわ。車を止めるとこもないし、やっとそば屋に入ったと思たら限定販売のそばは売り切れ。しかも外国の人ばっかりや。結局、家から持って行ったおにぎりを食べて帰ってきた。今はどこへも行くもんやないで~」。

 人間、80年を超えると “すれ違い議論” のうまいこと、うまいこと。見事にはぐらかされた。

 そう言えば、昨日の調布駅前のバス停は、小田急バスも京王バスも長蛇の列。深大寺や神代植物公園あたりもたくさんの人でにぎわったことだろう。

a0120949_06291111.jpg


a0120949_06303670.jpg

# by h-fuku101 | 2017-11-30 06:39 | Comments(0)