台頭する「橋本」

a0120949_64046100.jpg

 府中郷土の森で出会ったおじさんと “あじさい名所” を交換し合ったことは昨日、触れた。そこでおじさんから聞いたのは相模原北公園にある「あじさい山」。早速、調べてみた。

 「八王子から横浜線で橋本に出て」とも聞いた。が、わが家からだと八王子は遠い。リニア新幹線の停車駅が橋本になるというが、そうなれば今の東京駅や横浜駅に出るよりもずっと時間短縮される。それほどに橋本は近い。

 知らないって怖い。って言うか、凝り固まったイメージのまま更新できない脳が怖い。

 カタクリの里も橋本、あじさいの “新名所” も橋本、リニアもそう・・。そう言えば、たま~に、しかし、何回も行ったゴルフ場も橋本。知らないはずがない。

 昔々、高校時代の仲間「もり助」がその地にあった支店に配属され、そこからアメリカへと巣立って行った。軽乗用車で大阪から駆けつけて相模湖などで遊んだが、橋本という町のイメージはその頃のまま。ちょうど昔の友人はフル・ネームで覚えているのに、近ごろ会った人の名はすぐに忘れるといった具合・・。

 俄然と言うか、今になってと言うか、わがうちの「橋本」が更新されはじめた。

a0120949_6482557.jpg


a0120949_78764.jpg


a0120949_6484496.jpg


a0120949_6485967.jpg


a0120949_6492746.jpg

# by h-fuku101 | 2017-06-09 06:55 | Comments(0)

あじさいの里模様

a0120949_681569.jpg

 「おはようございます」
 「おはようございます。開園はまだですかね?」

 ところは府中郷土の森入口。「あじさい祭り」はすでに始まっているが、開園前の入口に立つ人影はこれで二つになった。

 おもしろいもので、朝のあいさつを交わさなければその後の会話は生まれない。 “あいさつは人付き合いの基本だ” とは言うが、改めてそれがわかる。現に、この人とはこの後、あじさいの名所について情報を交換し合い、初めて聞く地名も2~3か所あった。

 府中郷土の森はあじさいのメッカ。だが、目下、梅の実の収穫に忙しい。

 「あれっ、きょうはやけに人が多いな。入口には人の影がなかったのに・・?」。それもそのはずで、みんな「梅の実収穫隊」のメンバーだ。あじさいにレンズを向けても、気をつけないとブルーシートが写り込む。

 肝心のあじさいはまだ3分咲き。郵便取扱所近くでは、朝会った人がシートのうえに座り込んで一心不乱にシャッターを切っている。「う~ん、なかなかの撮り手と見た」

a0120949_618419.jpg


a0120949_622766.jpg


a0120949_693277.jpg


a0120949_6103018.jpg


a0120949_6234375.jpg

「梅の実収穫隊」にひと声かけて、顔をぼかして「ハイっ パチリ」


 

# by h-fuku101 | 2017-06-08 06:19 | Comments(0)

八国山と北山公園に想う

a0120949_6261118.jpg


 八国山の向こうは埼玉県・所沢市。思えば、いつも歩いていたのは東京都を出て埼玉県に入り、また東京にもどる壮大な散歩コースだった。

 特に、秋はよかった。ブナやナラなどの広葉樹が散歩道を茶色に染め、それらを踏みしめて歩く快(こころよ)さにワクワクしたものだった。そして、締めは駅前喫茶店でのモーニング・コーヒー。最高の贅沢、ここに極まれりって時代だった。

 今、いるのは八国山を目の当たりにした北山公園。

 ざっと700年前、ここに本陣を築いた新田義貞軍は久米川の戦いや分倍河原の戦いなどで幕府軍を打ち破り、鎌倉街道を上って倒幕に成功した。そして、少し前は歩くおやじを見つめ、今は、市民手づくりの花菖蒲祭りを見守っている。

 山は、この間も多分、微動もしていないだろう。あゝ、自然って大きいと言うか、人間って小さなものと言うか・・。独り言とは言え、「なにを今さら」の話しではありますなぁ。

a0120949_6275195.jpg


a0120949_628816.jpg


a0120949_6282069.jpg

# by h-fuku101 | 2017-06-07 06:28 | Comments(0)

町興しが創り上げた「花菖蒲祭り」

a0120949_6192012.jpg

背景の山が八国山。確かに緑が多くあざやかだ



 「西武線沿線って緑が多いね」。持参した弁当をつつきながら二人の女性が話している。ここは東村山市にある北山公園。3日(土)からはじまった「花菖蒲祭り」の会場だ。

 北山公園は、近くに住む宮崎駿(みやざき・はやお)さんが「となりのトトロ」の参考にしたと言われている八国山の麓に広がり、300種・8000株、10万本の花菖蒲は「新東京百選」にも選ばれるほど。15年ほど前までおやじの散歩道だったところだ。

 確かに、昔から花菖蒲が植えられてい、季節になるとそこそこ花をつけてもいた。が、今ほど見事ではなかったし、集まる人も限られていたような気もする。数年前から若い世代が中心となって力を入れている町輿しが行政を動かし、年々増える協賛者が今日の賑わいを創り上げたんだろう。まさに “手づくりの匂い“ がするお祭りだ。

a0120949_6201556.jpg


a0120949_6203366.jpg


a0120949_6205498.jpg


a0120949_62167.jpg

# by h-fuku101 | 2017-06-06 06:24 | Comments(0)

次代担う若い力=世界卓球から

a0120949_6435665.jpg

 連日、世界卓球に魅入っている。それにしても、日本はいつの間に、こんなにも強くなったんだろう!?

 中国勢の壁は相変わらずだが、その中国と対戦しながらも、「うん、今は負けても、追い越すのは時間の問題だな」と思えるシーンがあちこちに。何より恐れを知らない次世代を担う選手たちが、それもすごい勢いで伸びてきているのが頼もしく、うれしい。

 張本智和君は本当に13歳か!? 平野美宇ちゃんはリオ五輪以降、どうしてこんなに強くなってしまったのか!? 伊藤美誠ちゃんは相変わらず明るく強いなぁ・・。

 選手個々人への想いは想いとして、番組に解説者として出演している平野早矢香さんが、すっかりキャスター的な明るさと自然さを身につけて出演しているのが、世代交代を好ましく印象づけている。

a0120949_6443242.jpg

見事に開いたサボテンの花





  

# by h-fuku101 | 2017-06-05 06:48 | Comments(0)