下部温泉


a0120949_7363483.jpg
 JR 甲府駅から身延線に乗り換え約1時間、下部温泉駅がある。昨日、立川駅から何のあてもなく電車に飛び乗り、とうとう身延山の手前まで行ってしまった。

 予備知識はゼロ。駅前に立つと「武田信玄公かくし湯」の看板が目に入り早速、足を運んだ。

 たたみ12畳ほどの広さの岩風呂は、源泉が岩盤から沁み出してきているらしい。湯温は29℃~31℃。水に浸かっているようだが、なかなか気持ちがいい。

 壁に書かれた「入浴心得」を丹念に読んだ。「混浴で心身ともにハリが出る」…? 「何、ここは混浴か?!」。岩風呂には他にたたみ2畳ほどの温かい湯もあるが、ここであとから入ってきた妙齢の女性(?)と2人切りになったときは困った。

 「湯船でタオルは使用しないで」に慣れているこちらは、歩行中はどうにか隠せても、風呂の中のタオル使用には抵抗がある。結局、失礼にならない程度に背を向け、我流を通した。エヘン!
a0120949_7365485.jpg


下部温泉は下部川流域に立ち並ぶ山間の鄙びたところだった





 

 
 

# by h-fuku101 | 2009-09-19 07:40 | Comments(0)

秋川渓谷


a0120949_6551842.jpg
 

杉が多い奥多摩で紅葉は望めないが、それでも確実に秋は深まっている


 昨日は、睡眠時間3時間。新閣僚の記者会見模様に見入り、すっかり寝そびれてしまった。いつも通り5時半起床。天気はいいし、家に閉じこもっていると寝てしまって無駄な1日になりそうなので、30mmレンズ一本だけを提げて秋川渓谷に出掛けた。

 五日市駅周辺には何ケ所か温泉がある。一番近場で有名なのが「つるつる温泉」。一番遠いのが「数馬の湯」。今回は、駅からバスで15分程度のところにある「瀬音の湯」に行ってみた。

 奥多摩の温泉はほとんどがアルカリ単純泉。湯船に身体を沈め腕などをさすってみると、「つるつる温泉」ならずとも、手のひらが腕の上をツルっと滑っていく。若いお兄ちゃんが「肌がきれいになるかなぁ?」などと話している。男の女性化はもう止めようがないわい。徴兵制でも導入しないとダメか? 何!60歳徴兵制? 高齢化社会に歯止めを掛けようってか!

 せっかく秋川まで来て温泉だけでは申し訳がない。秋川渓谷の清流にカメラを向けてみた。
a0120949_6553390.jpg

深場の色はエメラルド・グリーン。魚たちも気持ちよさそうだ


# by h-fuku101 | 2009-09-18 07:08 | Comments(0)

小石川植物園


a0120949_7345178.jpg
 昨日は、秋というには少し暑すぎたが、それでも秋を求めて小石川植物園に出掛けた。

 小石川植物園。享保7年(1722年)に貧困者のための施療所として作られ、明治維新まで続いたが、それ以降、東大の付属植物園に。遠藤周作翁の「赤ひげ先生」ですっかり有名になった。

 
a0120949_736367.jpg

秋と言えば、紺碧の空と柿の実のオレンジをイメージしてしまう。柿の代わりに黄金色に輝く稲穂もいい。遠くお寺の屋根や五重の塔などが望めれば最高。もしかして、これって奈良?

 どうやら頭の中に入力された秋の原風景は、今も西の方にあるようだ。
a0120949_737429.jpg

a0120949_7384296.jpg


 
 
 

# by h-fuku101 | 2009-09-17 07:41 | Comments(0)

新聞記事


a0120949_7162949.jpg
 新聞では、「トップ記事は3回読ませる」が通説になっている。まず見出し、続いて前文(リード)、そして本記事だ。

 主見出しは結論部分から起こされる。だから、見出しを見ればその記事が何を言いたいかの結論は分かる。「もう少し詳しく知りたい人は前文(リード)、記事に進んでください」が新聞社の言い分。

 記事の書き方にも約束があって、概ね、①結論、②経過、③解説――の順になっている。本記事は、1行12文字。最大10行までで区切るが一般的だ。

 編集・割付の際に問題になるのが文字数ではなく行数。紙面が足りないときはこの区切られた後部分から記事を落としていく。

 いろいろな文章を読まされ、これを記事化する訓練を長く受けた。今思えば、いい経験だった。仕事で企画書などを書く機会があれば、「結論、経過、解説」の順をお忘れなく。
a0120949_7165886.jpg


 

# by h-fuku101 | 2009-09-16 07:19 | Comments(0)

イチロー


a0120949_6584218.jpg
 

お買い物で巣鴨へ。おばあちゃんの原宿は今日もにぎやかだ


 イチローが、大リーグ2000本安打に続き9年連続200本安打の大記録を達成した。何と108年目の記録更新で、タイ・カップやピート・ローズもなし得なかった大変な偉業である。心から祝福したい。

 WBCでは期待された活躍が出来ず、韓国との決勝戦で日本の優勝を決めるヒットを打って辛うじて溜飲を下げたが、口にはしなかったものの、このときのプレッシャーで胃潰瘍を患ったと思っている。開幕戦から8試合欠場しての記録だけに大変なものだ。
a0120949_71657.jpg

巣鴨庚申塚からは都電荒川線で鬼子母神へ



 この朗報は、雑司が谷鬼子母神参道の「キアズマ珈琲店」で知った。但馬屋で修行したT君の店だ。カウンターの客が「先日、いっしょに来た人が『おいしいコーヒーを飲ませてくれる』と言ってたよ」とT君に話している。イチローの朗報とともにうれしい話題が続いた。
a0120949_712256.jpg

「キアズマ珈琲店」は味も雰囲気もなかなかいい


# by h-fuku101 | 2009-09-15 07:06 | Comments(0)