新宿


a0120949_3334518.jpg
 東京は、銀座、赤坂、六本木など人が集まる街に事欠かない。だが、例えば銀座などに出掛けてもなぜか落ち着かず、用事が済めばそそくさと逃げるようにその街を後にする。

 そんな中で新宿だけは妙に落ち着く。ただ理由もなく気持ちがホッとするのだ。旅先から東京に戻って来ても、必ずと言っていいほど新宿で途中下車する。そして但馬屋あたりで、しばし「あぁ帰って来たなぁ」の感慨に耽(ふけ)り、帰宅の途に着く。

 新宿を大阪の街に例えると難波や心斎橋など、いわゆる南に該当するだろう。銀座は北。大阪時代も梅田や北新地などはやっぱり落ち着かなかった。華やかさを求め、高級感を志向する気持ちはまったくない。庶民派と言えばかっこいいが、根っからの貧乏性なんだろう。

 ♪♪新宿は港町 はぐれ者たちが~♪♪ おいおい、俺ははぐれ者じゃねぇよ~。

# by h-fuku101 | 2009-11-03 03:34 | Comments(0)

信越道


a0120949_712691.jpg

善光寺は少しモヤがかかっていたが、境内横の紅葉はきれいだった


 先週水曜日の朝8時前に上越新幹線に乗り、新潟へ。車で新津、燕、小千谷を回り、再び高崎経由の新幹線でこの日の宿泊地、長野へ。

 新潟から長野に行くには日本海沿いに直江津経由の他、飯山線のルートがあるが、いずれも4時間近くかかってしまう。「一度群馬県の高崎に戻り、長野新幹線に乗り換えた方が早いですよ」と教えられ、やむなくそのルートを採ったが、気分的には、何だか忘れ物を取りに戻るようで、疲れが倍加した。高崎駅での本音は「このまま東京に戻りた~い」だった。

 出張に行っても朝は出来るだけ散歩することにしている。

 うっすらと明るくなった5時半にホテルを出て善光寺さんに向かった。歩いて約20分の距離だ。今年は何年に1回かのご開帳の年だっただけに、大いに賑わったことだろう。境内はすっかり色づいていた。

 今回の出張では約25年ぶりの再会もあった。思い出話にしばしときを過ごすのも楽しいことだ。
a0120949_721581.jpg

# by h-fuku101 | 2009-11-02 07:23 | Comments(0)

小布施(おぶせ)


a0120949_64446.jpg
 仕事で新潟から長野を回り、「せっかくここまで来たんだから」のスケベエ根性(このくだりは、どこかで聞いたぞ~)が出て、小布施温泉に、一日延泊した。

a0120949_675334.jpg


 長野から湯田中を結ぶ長野電鉄。小布施はほぼその中間にある。長野から15分ほど乗車して千曲川を越えると、風景は一変して一面のリンゴ畑。今が最盛の赤い果実群を車窓から見ているだけで、心はもう仕事モードから旅行気分に切り替わり、うれしくなってしまった。

a0120949_663646.jpg

 小布施町。葛飾北斎の天井画で有名な岩松院、福島正則公の霊廟がある浄光寺などは知られているが、実は城下町でも門前町でもない。まさかみんなが「栗かのこ」を目的に来るはずもないと思うのだが、でも、なぜか多くの観光客が足を運んでいる。

a0120949_6105893.jpg
 泊まったのは小布施温泉「あけびの湯」。町営温泉に宿泊施設が付いただけの、町ただ一軒の簡素なホテル(?)。入浴客は結構いるが、本日の宿泊者は、この私ただ一人。翌朝、「良く眠れましたか?」とおばさんから聞かれ「はい!」と答えはしたが、本音は「寝る以外な~んにもすることがない」んだもんね。だが、のんびりといい旅をさせてもらった。


 

 

 

# by h-fuku101 | 2009-10-31 06:12 | Comments(2)

決断


a0120949_6344437.jpg
 山に登る者には常に決断が求められている。あくまでも登頂を目指すか、危険を避けて断念するかの決断だ。最近の事例では、韓国の女性登山家:呉銀善さんがヒマラヤ登頂を諦めて無事帰国し、北海道トムラウシ山では集団遭難という悲劇が起きた。

 進むか撤退するかの決断は、何も登山に限ったことではない。日華事変もそうだ。企業の立上げ、合併もまたしかり。「せっかくここまで来たのに」「何人もの犠牲者を出したのだから」「これまでにこれだけの投資をしたのだから」は一種の未練、すけべえ根性。理由にはならない。

 今、私が永年お世話になった会社にも同じような話しが進行しているらしい。決定権のない人たちの間では進むことに懸念する声も出ているとか。「改(あらた)むるに憚(はばか)るなかれ」だ。優柔不断は最悪だと認識せよ。

※明日、明後日の2日間はお休みします。

 

# by h-fuku101 | 2009-10-27 06:36 | Comments(0)

水玉3題


a0120949_644434.jpg
 

「あ~、落ちるぅ~」。ヒヤヒヤものの一枚でした




 土曜・日曜の2日間、続けて生田緑地バラ園に行った。自転車でもわずかな距離。この環境のよさを生かさない手はない。

 日曜日の午前中は雨。テレビで将棋、囲碁を観、選挙投票(参院補選、市長選)を終えてからのバラ園行きになったため、一時間少しで閉園時刻となった。

 自宅を出るときから、「今日のテーマは水玉」と決めていた。俺って、自分で気づかないだけで、本当は計画的な人間なのかも知れない。(「そりゃ絶対にあり得ません」はもう一人の自分)。まっ、いいか。

a0120949_6442769.jpg

キラリと光るのは、もしかしたら0.1カラットのダイヤ…?



a0120949_6444478.jpg

まん丸水玉にはどこかハリ、ツヤ、キレを感じるわい




 

# by h-fuku101 | 2009-10-26 07:20 | Comments(0)