団栗(どんぐり)


a0120949_6295417.jpg
 どんぐり。この実を見ると、誰もがどこか懐かしい想いに駆られるんじゃないだろうか。

 どんぐりがなくなってしまった訳じゃない。現に、クヌギやナラ、シイといった木がある山や林に行けば、足の踏み場もないほどに見ることができる。にもかかわらずだ。多分、ヤジロベエや駒にして遊んだ子供の頃の思い出が心のどこかに残っているのだろう。

 「どんぐりは、どもるようになるから食べたらあかん」。母親からそう教えられて、長年、遊び友だちではあっても食べる対象にはならなかった。時には、どんぐりを触った手を口にくわえて気づき、あわててペッペッペッをしたことすらあった。

 約20年前。韓国でそれと知らずに食べ、大の好物になった。カロリーもなく、女性には美容食にもなるらしい。それ以来、名実共に遊・食一体の友だちになれた。根拠のない迷信はいけませんなぁ。
a0120949_6301240.jpg

# by h-fuku101 | 2009-10-17 06:32 | Comments(0)

足柄峠


a0120949_5355880.jpg


電車を待つ人の姿もまばらな足柄駅。切符はもっぱら車内販売だ



 夜来の雷雨も、一夜明ければ絶好のお出かけ日和となった。

 糸の切れた凧が「こんな機会を見逃す手はない」と、昨日は行く先も決めないまま電車に乗った。降り立った駅はJR御殿場線の足柄。駅前に立つ、熊にまたがったキンタロさんただ一人が出迎えてくれた。

 駅前のベニア板に書かれた看板を見て驚いた。明治22年に東海道線が開通し、昭和9年に丹那トンネルが完成するまでの45年間は、この路線が東海道線だったとか。今は沼津、御殿場、松田、国府津などの主要駅以外はほとんどが無人化した、まさにローカル線だ。

 足柄峠に向かった。駿河と相模を隔てる要衝の峠で、たどった足柄古道のあちこちに故事来歴が書かれていた。海抜759mの足柄峠。残念ながら富士山を見ることは出来なかったが、何ともロマンあふれる道、そして峠ではあった。
a0120949_540282.jpg

a0120949_5402361.jpg


~すみません~(訂正とおわび)

# by h-fuku101 | 2009-10-16 06:05 | Comments(0)

キンモクセイ


a0120949_6243631.jpg
 キンモクセイが、少し前から2度目の開花期を迎えている。気づかないままに通り過ぎ、その香りに振り返ることがよくある。

 キンモクセイが2度花を咲かせることは知らなかった。確か三島大社だった。樹齢170年だか200年だかの、記念樹にも指定されている木があり、その説明板に書かれていた。

 ♪♪キンモクセイの咲く道を~ 金色のつばさの馬で駆けてくる~ 20世紀のジャンヌダークよ~♪♪ アリス世代に育った者としては、名前を聞くと「君のひとみは10000ボルト」が自然と口をついて出る。何とも懐かしさを覚える木ではある。

 それにしても、今の歌は全然覚えられないが、昔の歌詞は忘れないものですなぁ。

 

# by h-fuku101 | 2009-10-15 06:28 | Comments(0)

箱根路


a0120949_6244122.jpg


恩賜公園から芦ノ湖を望む



 月曜日から一泊二日で芦ノ湖から元箱根、仙石原を回って来た。天気にも恵まれ、存分に箱根路のさわやかな空気を堪能した。

 旅行のメインは仙石原のすすきだ。訪れる人も多く、麓から見上げると、まるで蟻の群れがすすきの間を行進しているようにさえ見える。それにしても、すごい人の数だった。

 泊まりは仙石原のハイランドホテル。夕食はフランス料理。贅沢な気分を満喫させてもらったが、実はこれご招待いただいたもの。つれ合いがどうやら応募マニアになっているらしく、無料宿泊券をゲットしたらしい。ありがたいことだ。

 翌日は、朝5時前にホテルを出て富士山を求めた。元箱根で最高の撮影ポイントを発見。刻々と変化するさまをカメラだけではなく、自分の眼にも焼き付けた。やっぱり富士山は日本一だね。

 ホテルに戻って温泉で冷えた身体を温め、朝食。この日は定例の金川会のため、箱根からの参加となった。
a0120949_625919.jpg


朝日射す富士山はやはり最高だ



a0120949_625287.jpg


ホテル前のツタはもう紅葉。芦ノ湖は11月上旬だとか




 

すすきあれこれ(写真)

# by h-fuku101 | 2009-10-14 06:56 | Comments(4)

偶然の産物


a0120949_6455862.jpg
 今日、掲載した2枚の写真は実は偶然の産物だが、なぜか気に入っている。

 当初イメージしたのは、西日を受けて黄緑やオレンジに輝く木の葉だったが、太陽が雲に隠れてしまいイメージ実現の第1条件がなくなってしまった。再び雲間から顔を出すのが待ち切れず、シャッターを押した結果、この2枚が出来上がった。うれしい。その世界の専門家からは叱られるかも知れないが、自分では寄木細工かモザイク模様のように思っている。

 「結果オーライ」は何もゴルフの世界のことだけじゃぁないなぁ。そう言えば、仕事でも何回か経験したわい。でも、仕事上の結果オーライだけは余り歓迎したくない。
a0120949_6445952.jpg


 ※明日はお休みします。

 

# by h-fuku101 | 2009-10-12 06:49 | Comments(0)