つながり

a0120949_7301587.jpg
 


今年も見事に咲きました=堀切菖蒲園にて



「営業」という言葉がある。本来の意味は「営利を目的とした事業を営むこと」、つまり会社そのものを差している。だが、企業等では一般的に、その企業が提供する商品等を直接、間接を問わず、顧客等に販売するこa0120949_7361042.jpgと、あるいはそれに従事する部署、担当のことを言う。

 営業に携わる人は毎年度当初、あるいは各期ごとに目標を与えられ、それぞれが受持つ地域、企業、家庭等へと出掛けていくのである。最近は、無差別電話攻撃、インターネット販売等のあるが、これらは主題からずれるので除外しよう。

 いや待てよ、無差別電話攻撃にはひとこと言って置かねばなるまい。
 「お忙しいところ、恐れ入ります」。言葉は丁寧だ。だが、この手合いには、「はい、忙しいです。ご苦労様」と言って一方的に電話を切ってしまう。無差別電話攻撃の共通点は、①相手の名前を知らない、②相手の事情がわからない、③ましてや顔もわからない――だ。電話を切られた当の主は痛みすら感じていないだろう。

 a0120949_7364388.jpg営業マン、営業ウーマンは多くの場合、与えられた目標を達成するために涙ぐましい努力を重ねている。研修に努め、商品知識の習得に励み、日夜、それこそ足を棒にするようにして企業、家庭訪問等を繰り返している。中には、企業訪問後、「ありがとうございました」と後を振り向いた途端、くずかごに名刺が捨てられる音を耳にすることも多々ある。

 各企業では、営業環境をよくするために、大手企業等を退職した方々を顧問として招いているケースが多い。顧問の人脈などを使ってターゲットとする企業に入り込み、営業環境を好転させるのが目的である。が、多くの場合、その場がうまくいったとしても、営業マンの問題はその後。せっかくつかんだ人脈をその場限りのものとして断ち切ってしまっているのだ。

 営業に携わる人々は「目の前の一本の木を切りたい」。この気持ちは痛いほど分かる。だが、本当に大切なのは、木を切る前あるいは切ったあとに植林をしておくことが大切なのである。「先日お買い上げいただいた商品はいかがですか?」「何か不都合なことはありませんか?」等々にかこつけて、常に顔を出す習慣を身につけたい。

 


 

 

# by h-fuku101 | 2009-06-09 07:37 | Comments(0)

あじさい

a0120949_6494410.jpg
 あまりの可愛さに、思わず…


 
 この写真、可愛いと思いません? 昨日行った府中の森。子供たちが水遊びをするには絶好のお天気でした。

a0120949_16461772.jpg 今、府中の森では「あじさい祭り」をしていて、色とりどりのあじさいがとてもきれいでした。園内には、早春に目を楽しませてくれた梅が見事な実を付けていてまさに食べごろ。でもね、それは気持ちの上だけのことで、実際に取っちゃあダメ。来園者の中には不心得にもそれを持ち帰ろうとする輩(やから)がいるようで、「梅の実を園外に持ち出すことを禁じます」の立て看板。興ざめですなぁ。確かに、梅干はおいしいし梅酒にもできるがねぇ。いつも一部の不心得者のために多くの善良な者(善良じゃなく本当は普通の人)が迷惑をするわい。
a0120949_16464410.jpg
 
 あじさいが今、真っ盛りです。我が家の近くにはあじさい寺。小田急沿線の開成、箱根のほか、全国あちらこちらに有名な所があるから、昔から日本人に愛された花なんでしょう。
 あじさい、といってもいろいろな花があるけど、分類としては「山あじさい」と「がくあじさい」の2分類なのかなぁ? 花言葉辞典を開いてみると、何とあじさいは7月1日の花で「辛抱強い愛情」なんだって。
a0120949_7471052.jpg

梅の実が見事に熟れました



こだわり

# by h-fuku101 | 2009-06-08 07:53 | Comments(0)

テレビとラジオ

a0120949_5514767.jpg
 唐突で恐縮だが、私は今でもテレビに対してあまりいい印象を持っていない。

 昭和28年に始まり、昭和30年を過ぎて一般化してきた頃は、そこらの悪がきらとともに「おばちゃん、見せて…」と、力道山のプロレス、栃錦や鏡里の相撲見たさに画面の前にかじりついていたのは間違いないが…。まさに「ALL WAYS 3丁目の夕日」の世界ですな。そう言えば、栃錦はいつもお尻に絆創膏を貼り付けてたなぁ、あれ、何だったんだ?

 テレビの出現までは夕方になると、それまで散々いたずらの限りを尽くしてきた悪がきどももラジオの前に集まり、連続放送劇「赤胴鈴之助」の活躍に胸ときめかせて聴き入っていたものだ。

 さて、ここがポイント。ラジオの前には家によっては1人、大多数の家では子だくさんの関係上、2~3人、いやそれ以上の子供たちが集まっている。子供たちは流れてきた放送を耳で聴き、それを知らず知らずのうちに映像化して頭の中にインプットしているのだ。当然、描き上げた映像はそれぞれが微妙に違うんだねえ。創造性や個性と言ったものが自然に養われていたものだ。

 片やテレビ。流れてくるのは映像だから、そこには独創的な発想が入り込む余地はない。知らず知らずのうちに画一的な人間が育成されているのである。
a0120949_784956.jpg
 それまでの時代、おやじは家庭の中で一番偉い人だった。もう少し時代を遡ると、おやじと家族は別メニュー。それどころか、同じ部屋では食事が出来ない状態。例え同席しても、おやじが箸を持つまでは手を出すことは許されなかった。

 テレビの出現がこのおやじの尊厳を見事に、そして無残に崩壊させてしまった。さて、各家庭では今、どこにテレビ様が鎮座ましましてます?置き場所として一番ふさわしいとして、ふと気がつけば何と最も上座ではないか!? 各家庭にはそれでも「おやじを立ててやろう」とする意識が残っているのか、与えられた席はテレビの正面。これ「ここが一番見やすいよ」の配慮。おやじはいつしか最も下座へと追いやられているのである。

 最近のテレビは本当にくだらないね。バラエティーものがやたらと幅をきかせてる。そんな中で、日曜日放映のTOKIOかSMAPかが出ているDASH村はいい。極め付きは何と言っても月曜日にNHKが流している「鶴瓶の家族に乾杯」。あれは笑い、泣ける。

 

 

# by h-fuku101 | 2009-06-06 07:09 | Comments(0)

ゆとり

 久しぶりに辞書のページを開いてみた。「ゆとり」「余裕」「豊かさ」について考えてみたかったからだ。

 まず、ゆとり。辞書によると、「物事に余裕があって窮屈でないこと」とある。
 余裕については、「あせらず、ゆったりとしていること。余りあること」など。
 そして、ゆたかは、
 ①好ましい事物が十分に備わって不足のないさま
a0120949_7572283.jpg ②財物が十分あって恵まれているさま
 ③精神的にこせこせせず、ゆとりのあるさま。大らかなさま
 ④基準、限度を超えて十分にあるさま、余りのあるさまを表す
 --とある。

 ゆとり、余裕、豊かさ…辞書の上でも大きな差は見られないから、ここでは同意語と位置づけて話しをすすめていきたい。

 一般的にゆとりには5つあると言われている。一つは経済的ゆとり、二つは物質的ゆとり、三つは精神的ゆとり、四つは空間的ゆとり、五つは時間的ゆとりだ。この他、「豊満」という言葉に代表される肉体的なものもあるが、この際これは除外したい。

 個人家庭において経済的ゆとりとは、その範囲は個人差があるが、一口に言えばお金に困っていない、追われていないということか。物質的ゆとりは、生活を送る上で必要な物が満たされている状態とでも言えようか。精神的なゆとりは、気分的にゆったりしているとか、精神的に自らを追い詰めていない状態か。空間的ゆとりは、例えば土地、家、部屋が広いとか十分といった状態。時間的ゆとりは、自由な時間があり、時間的に追われていない状態とでも言えよう。

 ゆとり感は一人ひとり違うから面白く、時には困る。

 先日、某宝石会社が5,000円相当のダイアモンドを先着5,000人に無料で配布するという太っ腹で余裕のあるところを見せた。前日から並んだ人を含めて何と2kmもの行列ができたとか。5,001人目の人との間にトラブルもあったとのことだが、ゆとりを見せたのは宝石会社。並んだ人たちの心と身の上に5つのゆとり感があるのかないのかは分からないが、その姿からは感じられない。

 書道家:相田みつお翁の「奪い合えば足りず、譲り合えば余る」の言葉が脳裏を横切る。 
 

余裕の功罪

# by h-fuku101 | 2009-06-05 09:23 | Comments(0)

ただいま勉強中(再編集版)

 ※本号「ただいま勉強中」は6月3日付けで発信しましたが、翌4日付け「洋の東西」(下記に掲載)作成過程で誤って削除してしまったため、思い出すままに再編集しました。いろいろありますなぁ。



4月からデジタル一眼レフカメラの教室に通っている。

 教室は第2、第4の木曜日。全6回のうち3回は撮影会。

 第1回目の教室で講師から与えられたテーマは「花」。

 それまで我流で公園などを歩き回り、花を撮ってきただけに「おっ、俺の得意分野だ」とほくそ笑んだものの、その自信(?)はしばらくして無残にも砕け散るのである。

a0120949_9575932.jpg


a0120949_9581981.jpg


a0120949_9583423.jpg


 上は第1回撮影会後に提出した作品。

 講師曰く ①植物図鑑じゃありません
       ②花を欲張ってはいけません
       ③茎など切るべきところは思い切って切りましょう
       ④光と影を意識しましょう
       ⑤水滴などを生かすのも一つです

 この先生、口調は極めて穏やか。いつもニコニコしている。ただ、ニッコリ笑って人を切るじゃないけど、言ってることは実にキツイ。以後、従順にして素直な気持ちで学生生活を送っているのである。

 

# by h-fuku101 | 2009-06-04 09:59 | Comments(0)