日向薬師にて

a0120949_6352739.jpg

 稲刈りがはじまる前に彼岸花を求めて日向薬師に来たのは初めてのこと。ことしはそれほどに開花が早いようだ。

 朝8時前。一目で見渡せる棚田に人の影は見えない。そう言えば、伊勢原駅北口のバス停ではたくさんの人が列を成していたのに、終点の日向薬師まで乗って来たのはおやじただ一人。自家用車組の到着もまだのようだ。

 彼岸花の群生地入口に門が設けられてい、今は片側だけが開いている。去年はなかった門なのに、ここまで規制がきつくなったのは心がけの悪い人間のせい? それとも作物を荒らすイノシシのせい?

 稲は順調に実り、週末あたりには刈り取りのときを迎えるだろう。その黄金色と彼岸花の赤が今、なんともおやじ好みの対比を見せてくれている。

a0120949_6371923.jpg


a0120949_6381514.jpg


a0120949_6384583.jpg


a0120949_639484.jpg

# by h-fuku101 | 2017-09-14 06:43 | Comments(0)

いい出会い、再び

a0120949_12515873.jpg

 「そういう風に写真が撮れたらいいですね」と声がかかったのは日本庭園でのこと。振り返ると小柄だが肉付きのいいおじさんが橋の欄干に腰を掛けて微笑んでおられる。

 「写真はされないんですか?」
 「もう目がダメですよ。それにカメラを持つ手が震えて、お宅のようにそんな風には撮れません」

 聞けば80歳だという。膝(ひざ)には人工関節が入っているともいう。相当痛い想いをして来られたんだろう。

 「盆栽苑のクチナシの鉢を見て来られました?」
 「いえ。きょうはこの実を撮りたいがために、一心不乱にここまで来ました」
 「これは何ていうんですか?」
 「ムラサキシキブです」

 「向こうの松の木にサギがチョコンと止まるところなど、一幅の絵のようですよ」と言っておられたおじさん。なかなかの風流心をお持ちのようだ。「公園近くの家から散歩に来ることを日課にしている」とも言っておられたなぁ。いい出会いが続く日だ。

a0120949_12525216.jpg


a0120949_12532377.jpg

 

# by h-fuku101 | 2017-09-13 12:55 | Comments(0)

“灯ともし人” との出会い

a0120949_6251612.jpg

 その人とは会釈を交わした瞬間から気の合うものを感じた。

 ところは昭和記念公園で最初にコスモスの見頃を迎える「みんなの原っぱ・東花畑」。見事に広がるお花畑の周りに高い三脚を立て、あとで聞いたことだが、40cmもの脚立の上に立って高い目線からキバナコスモスを撮っておられた。
 
 「きょうは人の数が少ないようですね」
 「私も、そう思いながら歩いて来たんですよ」
 「よかったら、どうぞ(脚立に)上がって見てください」
 「あっ、いいですか。わ~、こりゃ世界が違う。病み付きになりそうだ」

 ちょうどこの日からはじまったコスモス写真展の主催者とは長年の友だちだという。「写真は、いつもA4サイズの4~5倍の用紙にプリントするのを意識して撮っている」ともいう。「そのくせ、自分では写真展もブログもやらないんです」とも・・。

 写真を撮る手を休め、さて、30分近くも話したろうか。おかげで少し冷めかけていた写真への想いが、また燻(くす)ぶりはじめた。 

# by h-fuku101 | 2017-09-12 06:27 | Comments(0)

朗報届く秋

a0120949_6295726.jpg

 朝夕が本当に涼しくなった。夜、窓を開けたままだとむしろ寒いくらい。そのせいか、ことに朝は腰の痛さが際立っている。思えば、9月に入って急に涼しくなった。「あれっ、前にも同じような年があったなぁ?」とバックナンバーを追ったが探せない。

 日付変更線を過ぎて目が覚めた。「おっ、柔道の世界大会最終日だ。今日は男女混合団体戦だったぞ。どれどれ?」。

 強い、それにしても日本は強い。

 3回戦の相手はドイツ、準決勝戦は韓国。それぞれちょっとした油断で1人が星を落としたが、他の5人は勝ってまずまず順当。そして、決勝戦は対ブラジル。

 日本選手が苦手とするような選手を選んだという。いずれもメダリストか世界ランク上位者。でかい。それにレスリングを思わせる独特の組手。聞けば、柔道人口は日本と比べものにならないくらいに多いらしい。難敵だ。が、ふたを開ければ6戦全勝の金メダル。張(はり)さんじゃないが、「あっぱれ!」。

 卓球、バドミントン、新体操・・、あちこちから朗報が届くスポーツの秋。

a0120949_6302170.jpg


a0120949_6303472.jpg

# by h-fuku101 | 2017-09-04 06:35 | Comments(0)

夏の夜の激闘つづく

a0120949_745874.jpg

 涼しい朝だ。

 ここ数日はハンガリー・ブタペストで開かれている柔道の世界大会に釘づけになり、昼と夜の暮らしが逆転したかのよう。と言っても、寄る年波。いつでもどこでも寝、そして、すぐに目覚める生活の繰り返しだから、「昼夜逆転」などとかっこいいことは言えない。

 それにしても日本選手は強い。それにあのスタミナはどうだ。

 格闘技は見た目以上にスタミナが求められる。柔道など、5分も経てば喉はカラカラ、心臓はパクパク、手指の握力はゼロ。「勝負など、もうどうにでもなれ!」と投げ出したくなるほどに辛くなる。

 東京五輪・パラリンピックを控え、選手たちには素人おやじには計り知れないプレッシャーが覆いかぶさっていることだろう。もう、みんなに金メダルを贈りたい。

 8月も早や大晦日。夜にはロシアW杯をかけた豪州との運命の一戦が控えている。

a0120949_70259.jpg


a0120949_702781.jpg

# by h-fuku101 | 2017-08-31 07:09 | Comments(0)