カタクリ求め城山へ

a0120949_06095009.jpg


 城山カタクリの里を久しぶりに訪ねた。

 当日は、前日の天気予報とは大きく違い、朝は小雨がパラパラ。「きょうはカタクリをあきらめた。これじゃ花が全然、開いてくれないよ」は同じバスで訪れていたカメラおやじの弁。

 カタクリの咲き具合は満開近しってところ。黄花にはさすがに早過ぎるが、白花カタクリも混じって、それでも十分に楽しむことができた。

 城山カタクリの里のいいところは、カタクリ以外に雪割イチゲや大岩ウチワ、ショウジョウバカマ、雪割草など、普段観る機会が少ない花々も鑑賞できること。そういえば、黄色と赤色のミツマタやムラサキハナナ、ヒュウガミズキ、紅花ヤシオツツジ、桜玄海ツツジなどもきれいだった。

 そして、まもなく “ 園内狭し ” と植えられているハナモモたちが咲き乱れる。


a0120949_06104037.jpg


a0120949_06135850.jpg



# by h-fuku101 | 2019-03-27 06:16 | Comments(0)

神代曙が満開だァ

a0120949_05533607.jpg


 JR国立駅前からつづく桜並木が早や満開だという。「あそこにも行きたい、ここにも行きたい」と気ばかり焦るんだが、肝心の足がなまけぐせに固まって動かない。

 先日、この並木道に立つ300本の桜木が寿命を迎えていると話した。市では、「その木々を『神代曙(じんだい・あけぼの)』に植え替える」と公表したところ、住民から「ソメイヨシノを残してほしい」との嘆願が寄せられ、なんでも60本くらいを神代曙にすることで落着したらしい。

 神代曙といえば神代植物公園の固有種。それが今、オオヒガンザクラやカンヒザクラ、カンザキオオシマなどとともに満開のときを迎えている。


a0120949_05532308.jpg


カンヒザクラをレンギョウとともに


a0120949_05590768.jpg


ことしはまた枝垂れ系の見ごろも早い


a0120949_05525587.jpg


これが神代曙のピンク花。青空との対比がいい







 


# by h-fuku101 | 2019-03-26 06:07 | Comments(0)

マグノリア匂う「京王フローラル・アンジェ」

a0120949_09103362.jpg


 モクレンやコブシ、タイサンボクなどを総称してマグノリアと呼ぶことは前に話した。ちょうどスズカケ科に属する植物をプラタナスといい、赤ゲラや青ゲラ、コゲラなどを総じてキツツキと呼ぶようなもの。以前、ここ「京王フローラル・アンジェ」に来て教えてもらった。だが、慣れないこともあるのか、やっぱハクモクレン、コブシなどと呼ぶのがいい。

 ハクモクレン。近所の団地の並木道で毎日見ている間にカメラに収め忘れてしまった。

 代わって見ごろを迎えたのはアカモクレン。こちらはマグノリアの呼称が妙になじむ。どこがどう違うのかよくわからないが、「アレキサンドリア」「ガール・マグノリア」などといった “ あちら風 ” の名前を冠した種類が多い。毎年、花が咲きはじめるやいなや鳥たちが飛んで来ては食い散らすのでうんざりするが、ことしは、どういう訳かきれいなままに咲き誇っている。

 京王フローラル・アンジェ。今ではこの時期にしか来なくなったが、いい季節のいい花はやっぱりいい。


a0120949_09105965.jpg



a0120949_09111543.jpg



a0120949_09141589.jpg



a0120949_09112594.jpg

 

# by h-fuku101 | 2019-03-23 09:12 | Comments(0)

横浜徘徊事情

a0120949_06553519.jpg


 横浜歩きの定番、みなとみらい地区から山下公園、横浜中華街へ。まずは「横浜みなとみらいホール」で開かれた牛田智大(うしだ・ともはる)さんのピアノコンサート。

 若い。牛田さんは1999年生まれだというからまだ20歳。にもかかわらず幼少期から数々の賞を受賞し、第一線へと登りつつある。もっぱらショパンやシューベルトの作品を手がけておられるようだ。びっしりと埋まった大ホールに詰めかけた観客の7~8割は女性。牛田さんの未来は洋々と開けていそうだ。

 みなとみらいからは赤レンガ、象の鼻地区を歩き、山下公園地区にあるマリンタワーへ。この3月末で一旦閉鎖し、改築工事に入るというマリンタワー。よりによって強風が吹きつける日の100㍍高への挑戦だが、揺れますなぁ。長くいれば船酔い状態になること必定。

 折しも昨日は満月。「さて、どこで月の出を待つか?」と思案投げ首だが、ビル風あり海風ありでとても風流を楽しむことあたわず。早々に中華街へと避難した。

 近ごろは、量はもうあまりいらなくなった。飲茶セット+α くらいがちょうどいいですなぁ。


a0120949_06550199.jpg


a0120949_06551114.jpg


a0120949_06552466.jpg



# by h-fuku101 | 2019-03-22 06:59 | Comments(0)

百花の季節

a0120949_08173380.jpg


 昨日、靖国神社にある桜の標準木に4輪の花が開いたという。基準は「5輪」だから開花宣言は行われず、多分、きょうがその日。あと1週間から10日で東京はソメイヨシノ一色に染め上げられよう。

 それにしても、サクラが開くというだけで心ウキウキする。

 さみしい話しでは、昨夜のニュースで国立駅前のサクラ並木がピンチだと聞いた。あの道を通って研修所に通った思い出があるだけに感慨もひとしお。昨年秋の台風のあおりを受けてたくさんの木が倒れたが、国立の木もまたしかり。サクラに人生の悲哀を重ねてみている人は思いのほか多い!?

 少ししんみりした。季節は花の候。町にはたくさんの花々が青春を謳歌しはじめている。


a0120949_08174660.jpg


a0120949_08175309.jpg


a0120949_08180531.jpg


a0120949_08182426.jpg


a0120949_08232505.jpg


a0120949_08233527.jpg


 

# by h-fuku101 | 2019-03-21 08:21 | Comments(0)