春を思わせる1日に

a0120949_18302678.jpg


 全豪オープンで錦織圭、大坂なおみを応援し、夜はサッカー・アジア杯で日本の活躍に興奮気味の昨今。人が運動するのを観ているだけで、当のおやじは運動不足のど真ん中。これでは写真の一枚も撮れようはずがない。

 今朝のなおみちゃんはよかった。1時間ちょっとでベスト4入りを決めてくれたものだから、「では、久しぶりにカメラのご機嫌をうかがいに参りましょうか!?」と出かけた次第。

 春を思わせるような暖かな1日になった。ロウバイは一段と輝きを増し、香りもさらに強くなった。

 「いい匂いだね」「ほんと、いい匂い」。

 訪れる人の数もいつも以上に多いようだ。


a0120949_18310817.jpg


a0120949_18304314.jpg
 

 ※今週はここまで。来週またお会いしましょう。

# by h-fuku101 | 2019-01-23 18:33 | Comments(0)

頑張れ、大坂なおみ!

a0120949_10505401.jpg


 19日(土)朝の9時半からはじまった大坂なおみちゃんの試合に魅せられている。ただいま2セットが終わって1対1。頑張れ、なおみ。

 先日は錦織圭君が4時間弱の熱戦に勝った。あの日も朝9時半からの中継だったが、動くに動けず、とうとう3時間45分付き合った。そして、そのすぐあとがなおみちゃんの2回戦。いゃぁ、テニスにはあまり関心がなかったおやじだが、変われば変わるものだ。

 さて、第3セット。第1ゲームはなおみちゃんがゲームをキープした。精神的な弱さを克服して、また一段と強くなった。ファイト!

# by h-fuku101 | 2019-01-19 10:51 | Comments(0)

風邪やインフルエンザに気をつけよう

a0120949_06361390.jpg


 インフルエンザが蔓延している。そのおやじ自身は時々、鼻をかみ、くしゃみをするぐらいが精々で、およそ縁遠い。

 年明け、「1年間風邪も引かずに過ごしてきた身体に感謝」などと言っていた連れ合いが、「成人の日」を前に熱と咳(せき)に悩まされた。明けて祝日、隣町にある休日専門病院に駆け付けた。診断は「インフルA型です」という。急に身近なものになった。

 それはともかく、この病院に駆け付けた人の数の多いこと。そう広くない待合室はなまじ椅子が並んでいるだけにかえって混雑の度を高める。子供は泣き、叫び、小さなやり取りの「ちょっと通してください」「動けないんです」もハモれば大きな声になる・・。

 「病院は早く行くに限る」。 “ 症状が軽いうちに ” という意味と、 “ 早い時間に診てもらう ” という意味を込めているが、この日も3番目。早々に引きあげてきた。

 いゃぁ、お互い風邪やインフルエンザには気をつけましょう、ねッ。


a0120949_06362951.jpg

 

 

# by h-fuku101 | 2019-01-17 07:06 | Comments(0)

~♪♪ 大判小判がザックザク ザックザク

a0120949_06034637.jpg


 ~♪♪ 大判小判がザックザク ザックザク ♪♪~

 府中郷土の森で見事に花開いているロウバイを思い起こしていると、こんな歌詞がメロディをともなって頭に浮かんだ。

 「あれっ、なんていう童謡だったかな?」と調べてみる。「花咲爺(はなさかじいさん)」だった。


 ~♪♪ 裏の畑で ポチがなく
    正直じいさん 掘ったれば
     大判小判がザックザク ザックザク ♪♪~


 ロウバイ。黄金色に輝く花がいい香りを放ちながら真っ青な空と溶け合っている。


a0120949_06040875.jpg


a0120949_06041698.jpg


a0120949_06042339.jpg
 

# by h-fuku101 | 2019-01-10 06:08 | Comments(0)

山中湖からパノラマ台へ

a0120949_05550460.jpg


 空気が澄んでいるせいか、時間が経っても一向に富士山に雲がかかる気配がない。

 人間とは勝手なもので、雲がかかればかかったで「晴れてくれればいいのに・・」と思い、雲がなければないで「少しくらいかかってもよさそうなものなのに・・」と思う。ところで、富士山を眺める人の数は一日にどれくらいだろう? その人たちが一様にこんな思いを投げつけるのだから、それに応える富士のお山もたまったものではなかろう。

 山中湖を後にしてパノラマ台に回ってみた。ここも今は外国人のたまり場。

 いつもは偏西風の関係で東側に雲がなびく富士山。きょうはおやじのために(?)すっきりとした山肌を見せてくれているが、それにしても北岳から間ノ岳、仙丈ケ岳などの南アルプスの山容までくっきりと見渡せるのは望外の喜びだ。

 時刻は正午前。このまま駿河小山を抜けて帰るとするか!?


a0120949_05543276.jpg

 

# by h-fuku101 | 2019-01-08 06:00 | Comments(0)