豪徳寺

a0120949_6444159.jpg
 曹洞宗大渓山豪徳寺は世田谷区にある。彦根藩井伊家の菩提寺だったことを門前に立って初めて知った。招き猫で有名だと言うこともまた同じ。

 井伊家は元々、遠江国(現静岡県)出身。今川氏のあと徳川氏に属し、関ケ原の戦い、大阪冬の陣で功績を挙げて近江国、下野国、武蔵国世田谷などに30万石の所領を得、老中職を手中に収めるまでになった。

 1633年。二代直孝は所領内にあった弘徳院を井伊家の菩提所とし、伽藍などを創建した。「豪徳寺」という寺号は「久昌院殿豪徳天英居士」という直孝の戒名から取られた。

 豪徳寺には井伊家歴代の墓が300基ほどあるという。広い墓所の3分の1は占めているだろうか。徳川260年の歴史の一コマがまた、ここに眠っている。
a0120949_6451475.jpg
a0120949_6473967.jpg
a0120949_6452220.jpg


幕末の大老井伊直弼の墓は一番右奥にある




 

 

by h-fuku101 | 2012-02-28 06:50 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。