小雨に煙る御苑

a0120949_6364523.jpg
 小雨に煙る新宿御苑をカメラを持たずに歩く。千駄ヶ谷門を入ってすぐのところが “桜の森” だが、今にも散り始めようとする満開の花たちが迎えてくれた。

 遠くに真っ赤な傘が見えた。桜のピンクと真っ黒な幹(みき)、そのなかにアクセントを与えるかのように真っ赤な傘が映える。雨の日ならではの、「うん、なかなかいい絵だ」。

 それにしても、新宿御苑の桜は「樹齢ん十年」という “年代もの” ばかり。普段、何げなくながめている樹だが、改めて時代をかさねてきたものの重みを感じずにはいられない。

 サンシュユが終わった今、トサミズキ、ヒュウガミズキ、レンギョウが黄味を加え、ハナモモ、ボケが風景に赤味を増してくれている。実にきれいなものだ。

 よし、きょうは新宿御苑に決めた。
a0120949_6371023.jpg

by h-fuku101 | 2013-03-28 06:39 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。