春の予感

a0120949_6164417.jpg

 今、体調がすこぶるいい。

 それが、ここ3~4年服用している生薬のおかげか、昨年末来つづけている入浴と腹巻での基礎体温向上と免疫力アップによるものか、やはり昨11月以来ほとんど毎晩飲んでいる「酒粕汁」のおかげか、あるいは、これらの相乗作用か、わからない。が、とにかくいい。

 その気分で、久しぶりに京王フローラル・ガーデン「アンジェ」を訪れる。めずらしくBBQを楽しむ若者たちの姿が見えず、園全体が静けさに覆われている。早春を彩るシナマンサクやアカバナマンサクが静かにたたずんでいる。

 と、白モクレンが早くも花をつけているのを見つけた。少し離れたところにはマグノリア「イオランテ」。こちらの花数はまだ1輪、2輪。少し大きめの花は、これを目ざとく見つけたヒヨドリに喰い荒らされている。が、「バカ ヒヨドリめ!」などと怒ってはいけない。これらを含めて、いずれも春の訪れを予感させる事象の一つではある。

 ~♪ は~るよ 来い は~やく 来い
     あ~るき はじめたミーちゃんが あ~かい鼻緒のじょじょ履いて
    おんもへ出たいと 待っている ♪~

a0120949_6201378.jpg


a0120949_6202720.jpg


※「マグノリア」はコブシ、モクレン、タイサンボク、ホオノキ、オオヤマレンゲなど「モクレン属」の総称。

by h-fuku101 | 2016-02-24 06:27 | Comments(2)

Commented by are6678 at 2016-02-24 10:30
こんにちは。
コブシや木蓮などの総称を「マグノリア」と言う事
初めて知りました。
どれもいいですよね♪
特に「ハクモクレン」の白さは、含みのある白さで
素敵ですよね。
Commented by h-fuku101 at 2016-02-24 11:28
京王フローラル「アンジェ」には、もちろん100を超える数ではありませんが、モクレンが何本あるんでしょう? これから4月にかけていろいろな種類のマグノリアがきれいな花を咲かせてくれます。
 京王多摩川駅を出たところにあるので足の便もよく、英国風のバラ園も見ごたえがあります。

マグノリア。その呼び方はまだ一般的じゃありません。スズカケノキ科スズカケノキ属を総称して「プラタナス」と呼ぶほどには定着していないようです。
 
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。