三つ峠へ

a0120949_6225711.jpg

日が傾いてきた。やがて、待ちに待ったときが来る


 おやじが目指すのは三つ峠。2014年12月以来だから約2年ぶりか。

 三つ峠。主峰の開運山(1785m)を真ん中に、木無山と御巣鷹山で構成されている。JR大月駅から富士急行に乗ると右手に屏風のように屹立(きつりつ)する山がそれ。今のおやじには、とても表登山道を登る元気と勇気はない。

 ってことで、裏道。

 登山開始は午後2時半。御坂峠側の登山口にはちょうどアメリカ人親子が降りて来た。この親子、Daddyは立派なアイゼンを履き、手にはピッケル。腰にはカラビナを吊るしてロープあり。子供を滑落から守る準備も万全だ。もちろん子供の頭にはヘルメット。そして、フル・アイゼン。見ていて小気味よい。

 新しい雪は降っていない。その代わりにアイスバーンがすごい。テカテカと光る道は、転ぶと間違いなく下まで戻されること必定。今回、簡易ながら “6ッ歯アイゼン” を新調してきたのがよかった。

 1時間20分くらいで「三つ峠山荘」に着いた。重い荷物を下ろし、カメラと三脚だけを持って山頂に向かう。風が強く、寒い。今夜は、この三つ峠におやじただ一人。目の前に広がる富士山も独り占めだぁ~。

a0120949_6281053.jpg

山頂から遠く八ヶ岳連峰を望む



a0120949_628311.jpg

「きれいだぁ、本当にきれいだ~」



a0120949_630970.jpg


 

 

by h-fuku101 | 2017-02-24 06:30 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。