三つ峠の朝

a0120949_6263223.jpg

 朝6時4分、待ちに待った太陽が稜線に顔を出した。感動的な瞬間だ。

 やがて、朝の陽射しは大気から雪を抱いた富士山の斜面へと移り、徐々に色を濃くしていく。

 「染まれ、染まってくれ」。

 ファインダーをのぞき込みながらも、気づけば声に出しているおやじ。だが、願いむなしく思うような紅富士を見ることができなかった。

 「けさは天気が良すぎたようですね」は、山小屋の3代目オーナー。
 「願わくば雲海をとまで思っていたんですが、うまくいかないものですね」。

 朝食を終えて午前7時半。早々に山を下る。最初は、ツルツル、テカテカ氷にへっぴり腰で臨んだおやじだが、思った以上にアイゼンが利く。「おっ、いいぞ。あとは靴ひもやズボンのすそ、道の出っ張りなどにアイゼンを引っかけないように気をつけて、っと」。

 冷え切った身体を麓の温泉で温めたことは言うまでもない。「あ~、至福のひとときだァ~」。

a0120949_6444631.jpg

「見るのは月じゃなくって空の色と麓の灯りだよ」



a0120949_6332780.jpg


a0120949_6334590.jpg

“帰りがけの駄賃” とばかり、御坂峠近くの山道から


by h-fuku101 | 2017-02-27 06:40 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。