職業人からの手切れ金

a0120949_6142324.jpg

 「派遣の仕事はダメですか?」
 「はい、それは勘弁してください」。失業手当の受給手続きに訪れたハローワーク(職業安定所)での一コマである。

 ハローワーク訪問は2回目。だが、まさかこの歳になってから来ようとは…。1回目は平成10年。そして、今年は平成29年。知らない間に20年近い歳月が過ぎている。

 あの時は、 “働く意思” を確認する係の人も真剣で執拗だった。が、今回はいたって形式的。前出の質問をした女性係員もそれ以上は追いかけてこなかった。そりゃそうだろう、証明写真機がプリントした写真の変わりように一番驚いているのは当の本人なんだから。

 かくて、無事、「雇用保険高年齢受給資格証」が発行され、一週間ほどで「高年齢給付金」が支払われるという。そう、 “一度キリの失業手当” 。まるで、「これは職業人と決別する手切れ金ですよ」 と宣告されているようだ。

 はいっ、わかりました。でもね、私にはまだ “社会人” という肩書だけは残っているんですよ。

a0120949_616286.jpg


a0120949_616148.jpg

by h-fuku101 | 2017-03-14 06:23 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。