高尾山頂でのちょっと楽しい出来事


a0120949_22221321.jpg


                        カンカン照りなのに富士山はご機嫌ななめ


 「ここから富士山って見えるのか?」。現役時代よく耳にした九州なまりの独り言がすぐ横から聞こえてくる。

 「九州の方ですか?」と、思わず声をかけてしまった。
 「久留米です。富士山が見たくて、あとテレビで盛んに放送する高尾山にも登りたくてやって来たんですが、高尾山って思った以上にきつい山なんですね。ジョギング気分で登れる山だとばかり思ってましたよ」
 「高さは600㍍に満たないんですが、結構きついですよ」
 「そう言えば、昔は修験の山ですもんねぇ。で、ここから富士山は見えるんですか?」
 「きょうはちょっと見にくいですが、あの立ち上った雲と雲の真ん中あたりに微かに見えてますよ」
 「どれどれ・・? あっ、二つの山が重なって、ちょうど谷のようになったところですか?」
 「そうです、そうです」

 山頂の雪が消え、今はもうすっかり夏の富士山になっている。

 歳のころはおやじとどっこいどっこいか。少しして、孫に自慢気に富士山の在処(ありか)を教えているじ~じの姿があった。


a0120949_22223659.jpg


「琵琶滝コース」途中にある滝と水行場


a0120949_22222266.jpg


下りは「稲荷山コース」で。途中の展望台から都心を望む


by h-fuku101 | 2018-08-02 22:35 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。