いい年の幕開け

a0120949_05394123.jpg


 富士山、不思議な山だ。誰がどう撮ろうがおよそ個性の発揮のしようもない被写体なのにまた来てしまった。と言って、もちろん来たことを後悔している訳ではなく、大いに喜んでこの場に立っている。

 時刻は午前5時。あたりはまだ漆黒の闇に包まれている。空には雲一つなく、星がキラキラと輝いているのはいいんだが、肝心の富士山の上空には星影が薄い。

 湖面の気温は-12℃だと聞いた。が、足元から襲ってくるはずの冷たさ、寒さは微塵も感じない。

 あれは何年前だったか、一度、富士山頂から吹き下ろす風に見舞われたことがあった。あのときは寒さを通り越して顔から手、足に至るまで本当に痛かったっけ。けさは湖畔こそ凍っているが、湖の中ほどは水が静かに波打っている。

 平成最後の年。徐々に夜が明けて来た。おだやかな、いい年の幕開けだ。


a0120949_05395065.jpg


すそ野の先に展開するのは北岳、間ノ岳など南アルプスの雄峰たち


a0120949_05400335.jpg


えも言われぬ空の色がかもす湖面風景は感動的だ


by h-fuku101 | 2019-01-07 05:50 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。