2010年 09月 14日 ( 1 )

奥高尾


a0120949_6333987.jpg

山はもう秋。ススキたちが行く手をふさいでいるようだ




 高尾山から小仏峠方面を「奥高尾」と呼ぶらしい。奥秩父、奥穂高、奥の細道…。全国に「奥」が付くところは数々あるが、何となくロマン心がくすぐられるようで好きだ。

 先日の高尾登山に味をしめて、昨日は前々から行きたいと思っていた奥高尾道をたどることにした。平日朝8時過ぎの登山道はまだ人も少なく、高尾山頂の9時過ぎは数えてみたらわずか10人だった。最高!

 視界は雲とモヤに遮(さえぎ)られているが、富士山、大室山(1588m)、蛭ヶ岳(1673m)はかすかに見える。高尾山から続く道の脇にはヤブミョウガ、野あざみ、ツリガネニンジン、すすき、萩、そしてホトトギスたちが疲れた足を癒してくれる。

 一丁平を経て小仏城山(670.3m)に着いたのは午前10時50分。写真撮影にちょっと時間をかけ過ぎたかも知れない。売店は寂れて閉店状態という中で「相模湖方面」と書いた看板だけが新しくてやけに目立つ。この看板に引かれて付いていったら「小仏峠」には行けなかった。残念無念!
a0120949_6342558.jpg

まずは萩




a0120949_6343871.jpg

続いてススキ




a0120949_6345895.jpg

野あざみ



a0120949_6351029.jpg

ツリガネニンジン




a0120949_6352647.jpg

そしてホトトギス





 

by h-fuku101 | 2010-09-14 06:45 | Comments(0)