2010年 09月 23日 ( 1 )

小仏峠


a0120949_80227.jpg

山はすっかり秋。ススキが陽を受けて輝いていた



 奥高尾は、高尾山(599m) → 一丁平 → 小仏城山(670m) → 小仏峠 → 景信山(727m) → 陣馬山(857m)へと続く。

 地図を見ていて「不思議だなぁ」と思っていたのは小仏峠のことだった。普通、峠というのは、地形的には登り詰めて下っていく分岐点のことを言い、多くは高いところにある。だが、小仏峠は、小仏城山から下り、景信山に登っていく、いわば谷間にある。

 前回、これを調べるのも奥高尾を目指した目的の一つだったが、「相模湖方面」というきれいで大きな看板に誘惑されて間違ってしまった。

 昨日、小仏峠に設置されている案内板を見て納得できた。小仏峠は、奥高尾ルートを結ぶ峠ではなく、東京都と神奈川県を分ける存在だったのだ。

 道を東京側に降りた。いい登山道だ。途中から急に沢音が聞こえ、水飲み場もあった。露草、ヒキフネソウ、シュウカイドウ、ミズヒキ…などが満開状態だったが、小仏バス停のバスは平日ため1時間に1本。10分前に出たばかりだった。
a0120949_801775.jpg

左奥に道を取ると景信山から陣馬山へ。右が東京都だ


by h-fuku101 | 2010-09-23 08:06 | Comments(0)