2018年 07月 04日 ( 1 )

感動をありがとう

a0120949_08310672.jpg


 そのとき「時よ止まれ!」って、声にならない声を張り上げていた。

 現実にはまだ何も起きていないのに、しかし、その後、確実に目の当たりにするであろう光景を想い、無意識のうちに身体の奥深くからしぼり出した声だ。そして、それは残されたアディショナル・タイムぎりぎりにGK川島の手をかすめるように現実のものになった。

 あゝ、勝負ってなんて無情なんだ!?

 この無情感は遠く過ぎ去った昔、嫌と言うほど味わった。それなのに、いまにしてなお苦(にが)い。

 さむらい・ブルーのイレブンたちよ、よく戦ってくれた。身の震えるような喜びと感動をこんなおやじにまで与えてくれた。本当にありがとう。正々堂々、胸を張って戻ってきておくれ。


a0120949_08305702.jpg

 ※朝の散歩道で見かけた花々。
 後ろに見える照明塔は読売ジャイアンツ球場。
 アガパンサスや柏葉あじさいってとうに見ごろを過ぎているはずなのに、いやいや、世の中広いもの。昔の写真を引っ張りだしてきたんじゃありませんよ。(Photo by EOS-M)

by h-fuku101 | 2018-07-04 08:40 | Comments(0)