2018年 11月 05日 ( 1 )

越後湯沢で秋を堪能 Vol.1 湯沢高原に遊ぶ

a0120949_06231818.jpg


 おやじも、若いころはスキーにもよく行った。ただ、ダメな性癖だろうが、行くところはいつも同じ。関西圏では比良山(ひらさん)か神鍋山(かんなべやま)、関東圏では妙高高原か志賀高原。他は知らない。

 越後湯沢の名前は知っていた。沿線に並ぶ「石打」も、「上越国際」も、「ガーラ湯沢」も知っている。が、駅から近いこの一帯は “ あまり好きじゃないスキー場 ” の一つ。理由はわからない。

 歩いて10分足らずでロープウェー乗り場に着き、そこからわずか7分で900㍍近い山頂駅に到着。「森の上のカフェ」から見渡すと、やや左に八海山、目を右に転じて尾瀬の至仏山(しぶつさん)から武尊山(ほたかさん)、谷川岳・・。「日本百名山」のオンパレードだ。

 切り開かれた山の上は自然をうまく利用した行楽地。全長700㍍余もあるブリキ造りの「サマー・ボブスレー」は大人も子供も楽しそうに滑っているし、「ミニ・トレッキングコース」なども整備されている。「ん、なかなかいい」。

 湿生花園やあやめが池、「やまびこリフト」沿いに見える木々の色づきがなんともいえず、いい。


a0120949_06230888.jpg


a0120949_06232975.jpg


a0120949_06234213.jpg


a0120949_06235564.jpg


a0120949_06260902.jpg


a0120949_06281422.jpg


a0120949_06330760.jpg


a0120949_08361824.jpg




 

by h-fuku101 | 2018-11-05 06:30 | Comments(0)