春はそこまで

a0120949_07163569.jpg

 なんでも今日で16日間つづけて最高気温が2ケタに乗らないらしい。両親の郷里・福井では「38豪雪」「56豪雪」につづく雪、雪、雪・・。立春を過ぎたとは言え、記録づくめの冬の、それもまだ最中(さなか)にいる。

 「色味が欲しいなぁ」と連日、かつてよく訪ねた公園などをさ迷い歩いている。

 一番手頃なのは温室や展示会などだが、それではおもしろくない。「やはり野に置けレンゲソウ」ではないが、こんな寒さのなかでもマンサクは花をつけ、梅は懸命に芽を出す、そんな姿を探し当てるのが、いい。

 そう、春はもうそこまで来ているんだ。

a0120949_07161522.jpg

a0120949_07164469.jpg

# by h-fuku101 | 2018-02-08 07:21 | Comments(0)

大戸屋さん

a0120949_06405142.jpg

 川崎緑化センターからの帰り、時刻は正午少し前。「どこかで食事を済ませて帰るか!?」。思案の結果、入ったのは「大戸屋」さん。

 大戸屋ができて何年経つかは知らない。主に、駅前を中心に店舗展開していることは知っている。今までに3~4回入った記憶があるが、どちらかと言えばこれまで余りいい印象を持っていない。

 食事が届くまでの間、なにげなくカウンターに置かれたパンフを手に取った。「大根おろしは食事を提供する直前にすりおろしています」・・。「えっ!」。俄然、その経営姿勢に関心が高まった。

 大根おろしは10分近く過ぎると酵素も、栄養成分もみんな無くなる。だから、外食ではほとんど食べたことがない。が、どうだ。出汁(だし)に使うカツオはその日の分だけを朝、削り、焼き魚・焼肉などは炭火焼き。もちろん食材にはそれ以上に気を使っていることだろう。

 いまどき、こんな律儀な経営姿勢があるとは・・。いゃぁ、知らぬこととは言え、おみそれいたしました。

a0120949_06410669.jpg

a0120949_06412246.jpg

a0120949_06414854.jpg

a0120949_06420186.jpg

# by h-fuku101 | 2018-02-07 06:47 | Comments(0)

待てば海路の日和あり

a0120949_08572171.jpg

 久しぶりの昭和記念公園。去年の11月が最後だったから、早や丸2か月が過ぎた。足繁く通っていたときは通勤定期券を買ってもいいくらいだったのに、そのうちに年間パスポートも持たなくなってしまうんだろうか? あゝ、嫌だいやだ。

 この時期の昭和記念公園は砂川口近くに見どころが多い。

 その先陣はセツブンソウ。白く可憐な花、実はガク片なんだが、なんとも愛らしくていい。次は、瓢箪池畔を取り巻くロウバイや梅。府中よりも格段に寒い立川、こちらの梅はまだ少し早かったようだ。

 やっぱり “鳥派” のカメラマンの姿が目立つ。

 梅を撮り終えて、「さて、次に移るか!?」。と、30mほど先にカメラを構えている人が見えた。手には望遠。「おっ、鳥を狙ってるな」。しばし足を止める。むやみに動けば、あの人が狙ってるせっかくの獲物を逃がしてしまわないとも限らない。

 小鳥が飛んだ。が、すぐ横の枝に止まる。まるで「ここまでおいで」と男を誘ってでもいるようだ。そして、ジッと立ち尽くしているおやじのそばに。なにも追いかけることはないんだなぁ。待てば海路の日和ありってか。鳥の名前はジョウビタキ、それもオスなり~。

a0120949_08575495.jpg


a0120949_08573572.jpg


a0120949_08571359.jpg

# by h-fuku101 | 2018-02-06 09:01 | Comments(0)

皆既月食に挑戦

a0120949_06172041.jpg

 天気予報が “いい方向に” はずれてくれた。

 気象予報士の平井さんが伝えた空模様は「うっすら雲のすき間から、もしかしたら皆既月食が観られるかも・・」。たしかに午後8時過ぎの空はそんな状態。当初はピントが合いにくく、なんとも締まらない月見のはじまりとなった。

 ところが、時間の経過とともに月の輪郭がはっきりし、ついには星までが望めるようになった。「やった~!」。

 カメラ人生初の合成写真にもチャレンジできた。ただ、肝心の赤銅色の月食は “失敗の巻” 。「ん?理由?」。それは、身体が冷えて腰痛が再発。こうなるとカメラとじっくり向き合えないんですなぁ。「あ~、歳は取りたくない」。


a0120949_06173129.jpg


a0120949_06254177.jpg

# by h-fuku101 | 2018-02-01 06:19 | Comments(0)

律儀もときによりけり

a0120949_07030088.jpg

               
 「寒中お見舞い」(1月25日)にアップした水飲み場の写真、その蛇口が無くなっていた。

 あの日からわずか4~5日後の昨日、「あれっ、たしかこの水飲み場だったよなぁ?」。が、蛇口の形が違う。周りを見渡しても他に水を飲むところなどない。「あっ、凍結して蛇口を取り替えたんだ」。

 NHKニュースが伝えるように、水の凍結による被害があちこちで起きている。特に、佐渡島のような離島では、船が着かなければ水もパンも届かない。消火栓が使えず、施設などの入浴もトイレもままならない。経験したことがない気候は、思いもしない災害をもたらすものだ。

 あの日、「今は水がチョロチョロ流れているからいいけれど、これを止めたら凍るよな」と独りごちた。往々にして、律儀な人ほどしっかりと水を止めるもんだ。そう言えば、すぐ隣にあるトイレも使用禁止。律儀もあとあと高くつく。

a0120949_07025154.jpg


「大人かな? 子供かな? いったい誰が作ったんだろ?」。


 
 


# by h-fuku101 | 2018-01-30 07:13 | Comments(0)