寒い朝

a0120949_06305004.jpg

 20日(土)は大寒(だいかん)。そう言えば、その日は朝からずっとこんな歌を口ずさんでいたっけ。

 ~♪♪ 北風吹きぬく寒い朝も 心ひとつであたたかくなる
      清らかに咲いた 可憐な花を みどりの髪にかざして あぁ ♪♪~

 たしか吉永小百合さんとマヒナスターズ、異色の組み合わせが生んだヒット曲だった。

 大寒は二十四節気の第24番目で、一年でもっとも寒いと言われている季節。実際に寒いのは1月26日から「立春」(2月4日)の間というが、それを裏付けるかのように、きょう22日、午後から首都圏でも大雪の予報がでている。

 今季の雪は奥会津で体験済み。ただ、首都圏は “雪に弱い地域” だけに足の混乱が懸念され、だからこそ、こんな日は出かけても早々に帰宅するのが得策。今夜は、何かあたたかいものでも食べてゆっくり過ごすとするか。


a0120949_06310033.jpg

  

# by h-fuku101 | 2018-01-22 06:39 | Comments(0)

「仁和寺と御室派のみほとけ」展から

a0120949_10413163.jpg


 寒さが少し緩んだ昨19日、上野・東京国立博物館で開かれている「仁和寺(にんなじ)と御室派(おむろは)のみほとけー天平と真言密教の名宝ー」展へと出かけてきた。

 高倉天皇、守覚法親王、後宇多天皇など歴代天皇の手による「宸翰(しんかん)」や「消息(しょうそく)」、弘法大師・空海僧正直筆の「三十帖冊子」など、国宝・重要文化財がところ狭しと展示され、後半はみごとな造りの御仏(みほとけ)のオンパレード。仁和寺には50年近く前に3~4度訪れているが、ここまですごい寺院だったとは・・。

 時代は奈良、平安、鎌倉、室町、江戸・・。思えば千年以上もの昔に書かれ造られたものが、幾多の戦火を乗り越え、よくぞ今の時代にまで残されてきたものだ。

 奈良に「子島寺(こじまじ)」という寺院があるという。ここに「両界曼荼羅(国宝)」があることを知った。大阪・金剛寺は国宝・重文の宝庫、大阪・道明寺の「十一面観音菩薩立像」、同・葛井寺(ふじいでら)の「千手観音菩薩坐像」はいずれも国宝。これらの寺院が仁和寺の御室派だったとは・・。住環境が良すぎるとその価値がわからないって本当だなぁ。


a0120949_10413994.jpg
 ※写真は、撮影許可コーナーにてスマホで。

 

# by h-fuku101 | 2018-01-20 10:51 | Comments(0)

初メジロ

a0120949_08352018.jpg

 生田の森歩きがいい。

 2~3日ぶりに、くまなく3時間くらい歩きまわったら、今朝は腰からふくらはぎ、足裏にまで張りが出た。昨夕、「きょうは、なぜか晩ご飯を作る気がしないなぁ」と思ったのはこの性だったのか・・?

 「コッ、コッ、コ」。森のあちこちからキツツキの木を打つ音がこだまする。散歩人の独り言は、例のごとく際限がない。「そんなに打ちつけて頭が痛くならないの?」「『キジも鳴かずば撃たれまい』ってことわざもあるぞ。敵に居場所を教えてどうするんだい?」・・。

 鳥派のお兄ちゃんと出くわし、撮ったばかりの写真を見てもらう。

 「あっ、これはオナガですね。カラスの仲間です。どの辺で見ました?」
 「この道の突き当り近くで。ところで、鳥もおもしろいようですね」
 「おもしろいですよ。やってみませんか?」

 そう言えば、きょうは今季初のメジロ君と遭遇したっけ。


a0120949_08352949.jpg


 

# by h-fuku101 | 2018-01-19 08:40 | Comments(0)

「阪神・淡路大震災」から23年

a0120949_06434642.jpg

 1995年(平成7年)1月17日。あの日から23年目を迎えた。6,434人もの命を一瞬のうちに奪った「阪神・淡路大震災」だ。

 「もうそんなに経つのか」が、偽りのない想いだ。

 時間の感覚が年々、失われている。時に、ふと、「今は平成何年だっけ?」と人知れず問いかけ、新聞の発行日で確認しては安堵(あんど)する。西暦で、例えば孫たちの誕生日を覚えることができず、「平成では?」と考え、そして、ゆっくり「昭和」に置き換えては納得する。

 あの日は火曜日だった。ニュースを見ないままに出勤したおやじには何が起こっているかの感覚もなく、ただただ出張を兼ね、週末を利用して奈良県に帰省していた同僚の出勤が遅いことだけを気にしていたっけ。

 あれから23年。午前5時46分、静かに黙とうする。

# by h-fuku101 | 2018-01-17 06:47 | Comments(0)

えっ、ロウバイが早や見頃?

a0120949_06354810.jpg

 ロウバイが新春早々見頃を迎えている。

 昨年末、「今季の開花は早いなぁ」とは思っていたが、それにしても1月の第1週に見頃とは早過ぎる。

 早いと言えば、ニホンズイセンも梅もそうだ。サンシュユやモクレン系も、さすがに花こそまだだが、芽吹きが早い。

 それもこれも地球温暖化の影響だろうか? この先、一体、どうなってしまうんだろう?(6日、府中市・郷土の森にて撮影)


a0120949_06360156.jpg


a0120949_06362034.jpg


a0120949_06362856.jpg

# by h-fuku101 | 2018-01-16 06:41 | Comments(0)