好きこそものの・・?

a0120949_08534207.jpg


 「好きこそものの上手なれ」。人をやる気にさせるいい言葉だが、おやじにはどうも合わない。

 花菖蒲は大好き中の大好き。毎年、この時期を「今や遅し」と待ち続けているが、バラと同じで何年やってもいい写真が撮れない。

 「一体全体、どう撮れば喜んでもらえるんだァ~!」と大した腕でもないのに悩みは一人前・・。そして、オチは決まって「どうせ素人写真だ~い」。この明け暮れでまた年が過ぎる。

 我慢ができない、待つことができない、構図が浮かばない・・。

 ないない尽くしの写真暮らし。これではいい作品も生まれっこないってもんだが、口の割りになぜか落ち込んだ様子だけは見たことがない。「お宅、打たれ強いの? それとも鈍感なの?」・・。

 きょうも「さて、次はどこの花菖蒲を見に行こうか?」などと思いつづけている。


a0120949_08541417.jpg


a0120949_08540424.jpg


a0120949_08531358.jpg

 

 

# by h-fuku101 | 2018-05-30 09:02 | Comments(0)

早や花菖蒲咲く

a0120949_13293093.jpg


 2年越しの改装工事が終わり、堀切菖蒲園がすっかり見違えるようになった。

 朝の通勤列車に乗り新宿・日暮里経由で堀切菖蒲園駅へ。年に1回のこととはいえ、ご苦労なことだ。

 開園は午前9時。係の人がまだ作業している時間帯に入園して、早速1枚2枚・・。 “堀切菖蒲園らしさ” を何とか写し取りたいものとこれでもない頭を使っている。

 「やっぱり今年の開花は早いですか?」と作業中のおじさんに聞いてみる。
 「早いねぇ、一週間は早いね。菖蒲まつりを6月1日からに設定したんだけど、これじゃ祭りの前に満開を迎えちゃうよ」。

 このおじさん、根っからの江戸っ子らしい。歯切れのいい東京ことばがなんとも心地よい。


a0120949_13294985.jpg


a0120949_13294104.jpg


a0120949_13290811.jpg

# by h-fuku101 | 2018-05-29 13:34 | Comments(0)

バド女、37年ぶりの世界一

a0120949_07565018.jpg


 バドミントン女子が、タイ・バンコクで開かれていたユーバ杯国別対抗戦決勝で地元タイを破り、見事優勝した。実に37年ぶりだという。

 ここ数日、このバドミントンに熱中していた。放送がない日は夜中に録画放送されていたからこれを見、昼間は昼間で完全応援。昨26日などは午後3時からはじまる放送が「最大23:55分まで延長」という。日本の圧勝で2時間余で終わったのは幸いだった。

 バドミントン、それにしても戦略性と戦術性に富んだスポーツだ。強烈なアタックあれば、打つと見せかけてのフェイントあり。極めつきはシャトルをわざとネットに当てて敵陣に落とす技あり。手を挙げて詫(わ)びる仕草こそするが、「狙ってのことなんだからわざとらしく詫びるな!」って言いたい。

 実は、中学生のときにクラブに入部しでやったことがある。「軟弱なスポーツだなぁ」と1年で辞めたが、「なんにも知らず、ごめんなさい」。こんなにタフなスポーツはない。

 さぁ、きょうは男子が中国と決勝戦を戦う。がんばれ、ニッポン!


a0120949_07570919.jpg



a0120949_07581119.jpg





# by h-fuku101 | 2018-05-27 07:58 | Comments(0)

バラ君にさようなら

a0120949_18561928.jpg


 なんだかんだ言いながら、今年もまたバラ君にはお世話になった。まだ「さようなら」を言うときではないかも知れないが、そろそろ店じまいをすることにしよう。
 
 今年は、神代植物公園、横浜山手と山下公園、平塚市の「花菜(かな)ガーデン」、そして、生田緑地などを訪れたが、今年の特徴は、どこも例年より開花が早かったこと。驚いたのは神代植物公園の人出。テレビの影響力の大きさを改めて思い知らされたのも、また今年。

 ときは移り、そろそろアジサイが本番を迎えつつある。


a0120949_18563979.jpg


a0120949_18570179.jpg


a0120949_18565234.jpg

# by h-fuku101 | 2018-05-24 18:58 | Comments(0)

高尾山から小仏城山へ

a0120949_07222281.jpg
                          
                          お馴染み高尾山頂からの富士山展望



 「いてててて・・」。

 これが朝起きたときの第一声。太ももからふくらはぎ、そういえば肩も・・。思えば昨日の山歩きは階段の連続。ついには駅の階段さえ見るのが嫌になった。

 朝8時前に高尾山口を出発。「久しぶりに6号路を歩くとするか!?」。高尾山頂着は8時50分。麓から一時間で登ったはいいが、最後の階段が「きいたぁ~」。

 山頂から階段を下り奥高尾:もみじ台へ。ひざが笑いはじめている。ここから一丁平を通って小仏城山までは階段ルートのアップダウン。「もう、いい加減にしろ!」。 “這う這うの体” で山小屋のぜんざいに食らいついた。

 「一丁平のヤマボウシがきれいだったなぁ」「城山のお花畑はなんにも咲いていなかったわい」・・。そして、久しぶりに小仏峠に立った。


a0120949_07221244.jpg


もみじ台からの富士山は登山者とともに


a0120949_07223184.jpg


小仏峠近くからは相模湖越しに見る富士山


 


# by h-fuku101 | 2018-05-23 07:30 | Comments(0)